スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のThinkなリンク - トラックポイント付ミニキーボード開発中止ほか

Miniguru開発中止


HHKライクなトラックポイント付ミニキーボード Miniguruが開発中止になったそうです。
→THE Miniguru

語りたい方は Slashdotへ。

ThinkStation C20/C20x発表


ちょっと待っていたややちいさい? ThinkStation 。
ITmedia の記事がよさげ。→レノボ、最大“16モニター”仕様にもできる省スペースなパワフルWS「ThinkStation C20/C20x」

X201sのレビュー


軽量B5モバイルの決定版!? Core i7搭載のレノボ「ThinkPad X201s」を試す(マイコミジャーナル)

X201sのレビュー記事。内容は頑張っていると思います。

ただ今どきこのカテゴリってB5っていうのか? がちょっと引っかかったので取り上げてみた次第。

X201sは大きさ的にはB5じゃなくてA4用紙とまったく同じ大きさ。(重ねてみれば一目瞭然)

"トラックポイントや3つボタン、6列キーボードなどThinkPadの伝統的なデザインを受け継いでいる"なんて書いてあります。細かいことに突っ込んで申し訳ないとは思いますが、7列だってば。7列。そこは譲れないっしょ。

というどうでもいいツッコミ。



eBay で落札した NMBのキーボード。届きました。これで新型キーボードもコンプですよ。週末写真撮れるかなぁ。VAIO Type Pに Intel 6250の換装成功。調子よいです。

あとは iPhone 4 の発売日ゲットが確定しました。当日の手続きがスムースだと良いんですけどね。

スポンサーサイト

今日の Thinkなリンク - ThinkPad/IdeaPad 製品お試しキャンペーン X201追加

ThinkPad_IdeaPad_Canpaign.png

AMNとLenovoが組んでやっているThinkPad/IdeaPad 製品お試しキャンペーン。
管理人も IdeaPad S10-3をお借りしましたけれど、この対象機種が本日から増えました。

  • ThinkPad X201
  • ThinkPad X201 Tablet

の2機種。いままでなんで選べなかったんだろうと不思議でしたけれどついに追加です。

このキャンペーン、どういうものかというとThinkPad/IdeaPadの最新の製品、ThinkStation S20 を実際に2週間程度
借りて試すことができるというもの。

ブログを持っていないと借りられないようですけれど、ブログなんぞ、すぐ作れます。このブログだって相当、無計画に思いつきで作ったものですからね。3ヶ月間で4回のチャンスがあるとのことですから、今のウチにブログを作って一ヶ月も更新すれば大丈夫かも。



【日記】
W510についてきたキーボードはALPS製でした。T400s についてきたのはCHICONY製。あとはNMB製さえあればT/Wシリーズ用の新型キーボードも全パーツメーカーコンプ!というとことで例によって eBay で NMB製キーボードを落札。

届いたら3メーカーまた比べてみようと思います。3メーカー分のパーツ比較記事って撮影の手間がかかるので届いてからしばらくかかると思いますけれど。

他には VAIO P 用に WiMAXアダプタを買ったり、ThinkPadの分解用によさげなドライバー(ねじ回しの方)を買ったり、X100e に6セルバッテリを買ったりとこの週末は先週までと比べればかなりこぢんまりとした買い物をいくつかしました。

今日の Thinkなリンク - Skylight OSの開発を中止、Andoridに注力へほか

LenovoがSkylight OSの開発を中止、Andoridに注力へ



Engadget日本語版

Skylight OS用に開発中のデバイスがAndroid OS 搭載になるのかと思ったら、IdeaPad U1 Hybrid や Skylightそのものが開発中止の用に書かれております。CESで大々的に発表したものがこうもあっさり消えるとは驚きですが、HP が Web OS に注力するために Slate PC をやめるという話もあるくらいですから、理にかなった話ではあります。ちなみに一次ソースは LAPTOP.MAGのようですね。

ということで、レノボの公式ブログである Inside the Box をみるとDelay is a Good Thingなんて記事があがっています。こちらによると Android に移ることは認めていますが単に(当初の発表よりさらに)遅れるというようにとることもできます。

さて日本のレノボ本社の受付に展示された Skylight はどうなるのだろう…。



発注から1週間で”生産指示済み”となった管理人の ThinkPad W510 ですが、先ほどステータスを確認したところすでに出荷済みになっており、27日29日の時点で成田に到着していることがわかりました。生産指示済みになったときのが金曜。"ここからが本当の地獄だ!"と思ったものですが、なんとも未だかつてない超っぱやの納期で驚いております。4週間以上かかるオプションをガシガシ付けたのに。

ただし、今回は出荷時に発送メールが届きませんでしたね。ステータスの反映も実際と合っておらず、うまく機能しているとは言い難いですね。

今日の Thinkなリンク - レノボ10年3月期、最終黒字116億円ほか

中国パソコン大手レノボ10年3月期、最終黒字116億円



日本経済新聞


主に中国国内、発展途上国向けののびが大きかったようです。
中国国内向けが3割弱伸び、発展途上国向けも1割強増えたとのこと。
わずかとはいえ、先進国向けは逆に減っているようです。

また、ロイターのこちらの記事によるとレノボの伸びはHP,Acer,DELLなどのライバル勢よりよいようです。



日曜日に W510 を発注しました。CPUはExtreme にしてメモリーは16GB積みました。FHD マルチタッチ液晶にカラーセンサーも付けました。納期は4週間以上となる旨が販売ページにも記載されていましたが実際はどれほどかかるのか非常に興味深いところ。今日で5日経ちますが、まだステータスは受注済みのままになっています。さぁ、おまえの納期を数えろw。

今日のThinkなリンク - L412/L512レビューほか

L412/L512レビュー



Test Lenovo Thinkpad L412 0530-5ZG Notebook(NOTEBOOKCHECK)

Test Lenovo Thinkpad L512 2597-5VG Notebook(NOTEBOOKCHECK)

6列キーボードの廉価版 ThinkPad 最新鋭機。L412とL512のレビューが登場。ドイツ語のレビュー。
記事の本文を読むのは大変かもしれませんけれど、ここのレビューは写真が多く楽しめます。

ベンチマークだけでなく騒音測定、各部の温度測定、液晶の視野角テストなど徹底的。

ThinkPad T510レビュー


51nb.com

こちらは中国語。例によって写真はたくさん。

Design EX’10



Yamato Thinking

レノボ社内デザイン展覧会の様子を伝えるレポート。リチャード・サッパーの仕事紹介コーナー、ThinkPadのディテール検討用部分モックアップなどなかなか興味深いものが載っています。

WiMAX付き Mini 10 をチラ見。


WiMAX-equipped ThinkPad Mini 10 visits FCC(Engadget.com)

ThinkPad mini 10(X100eの廉価版)、WiMAX内蔵モデルの写真が掲載されています。アンテナは今のモデルには入っていないのかなぁ。

今日の Thinkなリンク - W510/T510 でFHD液晶、T410sでマルチタッチ液晶の販売がはじまる

5月14日より ThinkPad T510/W510で FHD液晶が日本のレノボダイレクトでも選べるようになり、また T410s でマルチタッチ液晶オプションが選択できるようになりました。1月の発表からずいぶん待たされたので新製品という感じは少々薄れてしまいましたが。

http://shopap.lenovo.com/jp/notebooks/thinkpad/t-series

http://shopap.lenovo.com/jp/notebooks/thinkpad/w-series

ただし、T510/W510でFHD液晶を選択した場合は通常よりも納期が多くかかり、4週間以上納期がかかるそうです。

W510-T510 FHD液晶納期


同様にT410sでマルチタッチ機能付液晶を選択した場合も納期に4週間以上要する場合があるそうです。

T410sマルチタッチ液晶納期


…そんな案内が書いてなくても4週間以上かかってるじゃない?という軽いツッコミはお約束っと。

T42p以来、15インチ高解像度モデルを買い続けている管理人としては W510 を購入するつもりです。今回はマルチタッチ液晶を使ったソフトを組むのに使えるPCが欲しかったのでずっと前から購入は決めていました。

W500と比べると 縦が 120 ドット減っているのがなかなかつらいところですけれどVisualStudio が比較的快適に使える解像度で、なおかつ、マルチタッチ液晶を備えたモデルが必要なのです。

実際にいざ買おうという段になって迷っているのがCPU。W510は CPUの選択肢がクアッドコアしかないのです。クアッドコアが選べるのはありがたいのですが、これまでと比べるとクロックが低いので少々気になっています。いつもならあんまりCPU性能は気にしないんですけど今回は最上位でも2.00GHz。これがエクストリーム・エディションなため(+99,750円)と結構高い。

W510CPUラインナップ

このサイズのボディーに高クロックのクアッドコアのCPUは載せられないことはもちろんわかっています。なのでこれくらいのボディーなら2.2GHzぐらいでデュアルコアがちょうどいいだろうと思っていました。そういった選択肢もあれば迷わずに済んだのですね。そんなわけで中くらいのCPUにしてSSDにお金を回そうか、最上位のCPUにしようか決めかねています。

[PR] ThinkPad Wシリーズ
[PR] ThinkPad Tシリーズ

2009年の国内シェア、レノボは8位



2009年度国内パソコン出荷概要(MM総研)

(ずいぶん前にエイサーに抜かれて)世界第4位のレノボですが、国内は8位。

あなたは思ったよりも多いと考えますか?、それとも少ないと思いましたか?。管理人は正直もうちょっと上かなと思っていました。しかし、友人知人にきいてみると企業ユースも個人ユースもレノボは実際、少ない印象ですね。

2009年国内シェア

上にいるのはエイサー、ソニー、HP、東芝、デル、富士通、NEC。レノボジャパン本社が六本木ヒルズにオフィスを移転していることから、国内も絶好調なのかと思ったら、この時点ではそうでもないですね。



今日の Thinkなリンク - LenovoになってからどのThinkPadがよいですか?

この5年で一番好きな ThinkPadは?


Lenovoの公式ブログ Design Mattersで vote やってます。(5 Years, 5 ThinkPads.)

IBMからLenovoに変わってから発売された ThinkPad でもっともよかったのはどれでしょう?

なぜか 5機種に絞られていますがその内訳は

  • Titanium clad Z series
  • Leather wrapped reserve edition
  • X300 envelope-friendly wonder
  • W700ds double headed monster
  • New customers. ThinkPad edge.

となっていて、『なんであれが入っていないの?』と少々不思議だったりしますが、割と異色なモデルを選抜して持ってきているのかもしれません。そう考えると X300 ってそうなの?とまた不思議だったりしますが。

管理人は Ultimate Personal Computer, Again! ということで X300 に投票しました。 ラインナップから消えるのならば買っておけばよかった X301と後悔しまくりです。

Lenovo 90W ウルトラスリム AC/DC コンボ・アダプターレビュー


インプレスの Car Watch でレビューしてます。(シガーソケットでも利用可能なノートパソコン用電源アダプター)

ほとんどのThinkPadに対応(90Wまでなので W700はダメだと思われます。)し、また IdeaPadにも対応できるそうです。
ケーブルの長さが1.6mのため後席で使うには短いとのことですが、それ以外は特に不満点はないらしく使い勝手はよいようです。

管理人は最近クルマでの移動がすっかりなくなって電車になったこともあり、使う機会はあまりなさそうですが、ちょっと欲しくなりました。




今日のThinkなリンク。レノボ公式DecoIdeaPad他

レノボジャパン公式 デコIdeaPad


ウルトラDecoPad(Yamato Thinking)

日本の文化を紹介する Yamato Thinking。今回はピンクのIdeaPadを写真のようにデコってしまったようです。ピンクのIdeaPad 在庫余ってたもんね。

DecoIdeaPad.jpg


レビューコンテストの結果発表も。アニメーションGIFがなかなか素敵。

ThinkPad Club リニューアル


ThinkPad Club

サーバーを移転されたとのこと。画像の投稿が出来るようになったようです。また、過去ログへのリンクはURLが変更されデットリンクとなっているようです。

100台のIBM/Lenovoマシン 全5回が完結


すでに読まれた方も多いと思いますが、HMX.NETさんの100台のIBM/Lenovo マシンがついに完結。一時期はアクセス集中して見づらい状況だったのですが現在は問題なく観覧できるようです。IBM/Lenovoファンの方は必読かと。




管理人としてはYamato Thinking/ThinkPad Clubさん/HMX.NETさんと国内のサイトが盛り上がってくれてうれしい限りです。

今日のThinkなリンク。拷問テスト DELL vs Lenovo

Lenovo ThinkPad Edge vs Dell Vostro in LCD stress test [Video](ThinkPads.com)で取り上げられていたもの。



Edge のトップカバーはロールケージじゃないけれど問題ないようですね。

これからどうなる? Thinkの伝統とIdeaの進化 - Think統括責任者に聞く(マイコミジャーナル)

ワールドワイドでのLenovoのThink製品グループを担当するSenior Vice President、Peter Hortensius氏へのインタビュー記事。内容は ThinkとIdea 二つのブランド戦略、大和事業所の重要性、IdeaPadが好調でThinkブランドはどうなるのか、日本市場の位置づけといったもの。

Atom採用のThinkPad mini 10、オーストラリア限定販売(Engadget)

ThinkPad X100e の10インチ廉価版。Atom を載せた mini 10ですが、Engadgetに写真がいくつか出ました。


関連する記事
2010-03-19 ThinkPad mini 10。青いX100e。

今日のThinkなリンク - Skyiightの展示開始,LePhone のレビューほか

CESで発表された製品が少しづつ出てきたようです。

Android ケータイ LePhone のレビューが掲載


分離型キーボードもオプションで用意されている LePhone が出てきたようです。
取り上げているのは pcpop(改头换面的王者 联想乐Phone开箱测试)

中国語のレビューですが写真がたくさんあるので楽しめます。
当面中国国内むけということもあってか、かなりそっち系のパッケージング。"楽"の文字が前面に書かれたインパクトのあるもの。UnBoxingから始まって全体的にレビューしてます。本体のデザインは良いようです。キーボードはまだ入手できていないようで本体のみのレビューとなっています。こちらの記事によると4月19日登場とのこと。スマートフォンには力を入れていくとのことですから、期待はしています。(個人的に、当分、アンドロイドは買わないと思いますけど。)

UIはLenovo独自のものも乗せているようです。

Lenovo LeoPhone




Skylightの国内展示開始。※レノボジャパン受付にて。



@LenovoJP_TP氏
曰く、1月のCESで発表された Skylightがレノボジャパン受付で展示されており、レノボジャパンにいけばみられるそうです。しかし、一般人がふらっと言ってみられるものかどうか?質問した方がいらっsしゃるのですが、まだ答えてくれません。(→Update:一般の方はNGだそうです。土曜日なのにレノボの中の人が質問に答えていらっしゃいました。)

掲載されている写真をみるとなるほどかなりの薄さで自信作であることは納得できます。電源は入っていない状態の写真なので稼働しているところがみられるのか、ただ、外観を確認できるだけなのかは不明です。

世の中、iPad でごった返している中、これと戦っていけるレベルのUIを実装しているのかどうかが気になります。

X200s + 6250
51nb.com(ThinkPad X200s + 6250 WiMax小评)

5350ではなく 6250。ごにょごにょしたのでしょう。

IdeaPad S10-3sレビュー



S10-3の軽量薄型版。通常解像度(1024x600)以外に高解像度(1280x720)の液晶も選べるので、こっちの方が本気で作っているんじゃないかと思えるもの。

レビュー記事は早く出てきました。なかなかカラーリングがすごいのですが、やっぱり中国、アジア市場向けが主なのでしょうね。いろんなサイトに転載されているけれど一次ソースはたぶん、M.I.C Gadget(Lenovo S10-3s Gets the Unboxing and Hands-on Treeatment)


s10-3s-unboxed.jpg


これにデュアルコア Atom 載らないかなぁ。

今日のThinkなリンク - レノボのアウトレット復活?

レノボのアウトレットが復活 ※ただしUS



あおまる雑記帳の中の人にTwitterで教えていただきました。

いつからあるんだこのドメイン。
http://outlet.lenovo.com/

Lenovo Outlet


再生品(Refurbished)と新品(New)両方売られてます。X301の128GB SSDモデルが$1,424.00とか。

Lenovo Outlet X301



ちょっと惹かれますねぇ。日本でもやってくれないかなぁ。X301がちょっと欲しくなってきたもので…。


X201 シリーズのレビューがいろいろ



PC Watch に X201/X201s/X201 Tablet のレビューが載っています。今日で全部そろったのではないかなっと。


X201

X201s
X201 Tablet

今日のThinkなリンク - レノボブログのエイプリルフールネタほか

ThinkPad X2010



Yamato Thinking


昨日、ThinkPad X2010 が発表されたそうです。去年は ThinkVantage フォースマネージャーでしたね。

今、ThinkPadを選ぶ理由


山田祥平のRe:config.sys(PC Watch)

ThinkPad W510 の評価機の貸し出しが始まったらしく、そのお話。WiMAXマンセーな山田氏なせいか記事の3分の1が ThinkVantage Access Connection の話題。管理人は AC は動作が怪しいのであんまり好きじゃありませんね。面倒なときは使いますが、なれた機種だと真っ先に外すソフトであったりします。

DisplayPortからの音声出力はW510になってもサポートされていないそうです。管理人はW500購入時にこの点はかなりがっかりしたのですが、全く変わっていないと言うことで落胆しました。(DisplayPortの規格上、音声出力はオプションです。)本体だけでもそれなりにボリューム感が得られるので、大きな不便はないとのことですが、管理人は不満ですね。一番の問題は遅延の大きなモニターにつないだときに音声が数フレームずれることです。

W510どうしようかな…。

今日のThinkなリンク T410sが販売開始ほか。

“派手さ”とは無縁な「ThinkPad X201」の奥深さを知る


元麻布春男のWatchTower(ITmedia)

X201のレビュー機は、CTOモデルではなく332375Jというもの。UltraNavもなし。
パフォーマンスはかなり上がっているそうですが、これと言って新しい情報はないようです。

Test Lenovo IdeaPad S10-3 Netbook


Notebookcheck.com


S10-3のレビューが載りました。こんかいは、なぜ、全部、野外でとっているのでしょう。

T410s 販売再開


ようやく販売再開となりました。T400sからもっとも大きな変更と思われる ディスクリートGPUモデルもオーダー可能になっています。しかし、マルチタッチ液晶が選べないようです。


T410s 販売再開


[PR] ThinkPad T410s(レノボジャパン)



eBay で買った Gobi 2000(3G WANモジュール)が届いたらしいのですが、不在票が入っていました。郵便局って宅配ボックスに入れてくれないのかしら。テストは今週中に出来るといいなぁ。ThinkPad X100e に乗せるつもりです。

今日のThinkなリンク - 各種 新機種のレビューをまとめて

T410s レビュー



Test Lenovo Thinkpad T410s Notebook(Notebookcheck)

ここのレビューはすばらしい。T410s ですがT400s と同じく液晶の視野角が狭いような。

レノボ「ThinkPad T410s」~Core i5搭載のスリムノートPC(PC Watch)

内蔵GPUモデル。日本語のレビューです。

ThinkPad X201 Tablet


Core i7+マルチタッチ ThinkPad X201 Tabletの実力(ASCII.jp)

マルチタッチと電磁誘導ペンの共存する変わり種。X201 Tablet。縦画面利用では視野角による色の変化が大きいらしく気になるようです。

Lenovo USがSprintの3GとWiMAXをサポート。



Lenovo and Sprint Add 3G and 4G Mobile Broadband Connectivity to ThinkPad Laptops

4Gって何?と思ったら Sprint が WiMAXをそんな風に呼んでいるだけのようです。HTCのevo も4Gケータイってことにされてしまいましたから。

で、WiMAXも3Gもこれまでサポートしていたのにわざわざ何でってことなんですが、sprintのSIM入りでThinkPad が出荷されるオプションができたのですね。Edge 14,Edge 15 にはこのオプションが加わるようです。

Edge 14 15 保守マニュアル



Hardware Maintenance Manual - ThinkPad Edge 14, E40, Edge 15 and E50


新しく発表された Edge 14(E40),Edge 15(E50)の保守マニュアル(HMM)が出ていました。
やはりBDドライブのオプションがあるようです。上のSprint向けモジュールは何か特別なものなのかなと思ってみたみたのですが、3Gに関してはこれまでと変わらずGobi 2000(GPS付き)ではないかと思われます。(中国移動向けは別モジュールのようですね。)

今日の Thinkなリンク - X201/X201s レビュー他

Lenovo ThinkPad X201s(LAPTOP Mag.)

LAPTOPMAG に X201sのレビューが掲載されました。評価機はウルトラナビなしのモデルです。見た目はX200sとほとんど変わっていませんけれどもかなり速くなっているようです。

新登場のThinkPad X201 にみる不条理とは?(日経トレンディ)

こちらは日本語のレビュー。

4セルバッテリだと2時間30分とのことです。バッテリ時間は心許ないと書かれています。それはそうでしょう。

4セルバッテリーはもはや『軽量バッテリー』とでも言い換えた方が良いような気がします。いっそのことレノボも貸し出し用のレビュー機には4セル、6セル、9セル全部つけて出せばいいと思うんですが。

価格についてもずばりと言ってますね。ただ、X201だけにいえる話ではないので 「X201にみる不条理」とは何なのかと思ってみると困惑します。

Review: Lenovo ThinkPad T410 laptop (Geek.com)

ちょっと古いけど写真いろいろあり。Unboxing T410 の動画付き。

今日のThinkなリンク。W510レビュー(2)ほか

ThinkPad W510 review(NotebookReview.com)

評価機はW510のFHDマルチタッチ液晶モデル。
Windows 7 64bit。Intel Core i7-920XM 8GB DDR3-RAM
500GB 7200rpm HDD
Intel 6300 802.11AGN
NVIDIA Quadro FX 880M with 1GB DDR3

デザインの変更。前世代の15inch ThinkPad と比較してW510はデザイン微調整を行いました。ヒンジ、スクリーンベゼルの幅は左右対称になっています。

ボトムカバーは2つありますが、一つはHDDとRAMスロット3,4、もう一つはワイヤレスカードとRAMスロット1,2となっています。

FHDパネルの品質はよいようです。このレビューでは X200 Tablet のちょうど下にランクするようです。タッチスクリーン層があると水平視野角は70度くらいになるようです。
マルチタッチ面は使いやすく、軽いタッチにも反応します。2本指スクロールも可能。前から見ている分には指でタッチしてもLCDのゆがみは見えません。

70ドルのHueyProオプションの効果はなかなかのもの。

スピーカーはビジネスノートの平均品質。コンシューマー用のマインストリームには劣る利ます。ピークのボリュームレベルでは中くらいの部屋で聞く分にはよい音量となるようです。低音と中音は弱くいようですが、これはノートブック型では一般的なもの。

W510のキーボードはタイプしやすく、一般的なThinkPadキーボードの評判に従います。強くタイプしてもたわみはないとのこと。

タッチパッドはマルチタッチに対応。

Lenovoice vol. 3(Yamato Thinking)

Lenovo Voice なんてものがでているとはちっとも知りませんでした。

Lenovo Voice はT400sでのキーの大型化にまつわる話がなかなか興味深いと思いました。あぁ、やはり、社内でも意見が割れたんだなぁと。

今日の Thinkなリンク - 修理上がりの TP から Lenovo ロゴが外れている模様ほか

今日も結構 Twitterで知ったネタが多いなぁ。一次ソースのみあげておきます。

X200が帰ってきた (PC Life EveryDays)

最近の新製品のトップカバーの表面からは Lenovo ロゴがなくなっていることはご存じの方も多いでしょう。しかし、修理を行った場合もロゴが外されたパーツになるとは知りませんでした。たしかにこのロゴ、あんまりかっこよくないですもんね。

非純正バッテリでは充電できなくなる?!

L410/L510/SL410/SL510用の BIOS新機能に気になる記述が。

-Lenovo純正品以外のバッテリーが装着されている場合、バッテリーの充電をしない安全 対策の機能の追加。


レノボの場合はバッテリが馬鹿みたいに高いわけではないので、純正買ってる管理人。個人的には特に影響ありませんが、今後、他の機種にも適用されると困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Test Lenovo Thinkpad W510 4319-29G Notebook(Notebookcheck.com)


W510のレビュー記事。4319-29G は1920x1080のFHDパネルだと思います。この記事からだと液晶はとっても良さそうに見えますね。Windows 7 のエクスペリエンスインデックスは5.9。DPC Latency Checkerでも引っかかりがなくIO周りのチューンもうまくいっているようです。メモリースロットの写真もあるのですが、4スロットあるのかな。16GBまでサポートのはずですが。

この辺 HMMをみてもメモリスロット周りがどうなっているのかよくわかんないんですよね。

ちなみにW510ハードウェア保守マニュアル(HMM)はこちら。
DVDドライブを外す必要がありますが RAID0/RAID1をサポートしています。

追記 12:00AM:ThinkPad ClubのW510 RAID関連スレッド に張っていただけたようなので、W510のRaid対応の件、もう少し詳しく書きましょう。
W510でRAID0,RAID1を使用するにはベイアダプターが必要です。W510の発表資料にも"Raid 0,1 Support (via Bay Adapter)"と明記されています。

保守マニュアルによるとこのRAIDアダプターのFRUは60Y5513です。ただ、このアダプターがUSのサイトでもまだ売られていないようなのですね。

今日の Thinkなリンク - Lenovo Social 日本版と 2つのTwitterアカウント他

Lenovo Social - Japan

レノボ・公式ソーシャルメディアページの日本版が開設されました。ちなみに英語版はこちら

日本語版はフォーラムがありませんけれど、個人的には今よりThinkPad 系の掲示板が増えなくてもいいかなと思います。公式ページ版が過疎ってたらかっこ悪いし。

公式のTwitterアカウントは LenovoJP_TPLenovoJP_Shop

LenovoJP_TPは製品担当者による、ThinkPadをはじめとするレノボ製品に関する話題、最新情報。LenovoJP_Shopはレノボ・ショッピング担当者による、直販サイトに関する最新情報、キャンペーン情報。

たまにツイートに対する返信ももらえるようです。一日目はLenovoJP_TPアカウントで紹介された ThinkPad 701cでそこそこ盛り上がりましたか。

【促销】Lenovo N10无线激光鼠标 (51nb.com)


こんなマウス合ったっけ?。…と思ったらこれは、Lenovo ワイヤレスレーザーマウス - レッドですね。ブラックもあります。ThinkPad ロゴはついていないレーザーマウスが出ていたのですね。

デザインはThinkPad Bluetooth レーザーマウスの方が好きかも。なんか赤い部分が多くて安っぽい印象。つやありの黒と赤、いかにも中国のメーカーという感じがします。

Lenovo ThinkPad T410: Upgrading(Logic ThinkPad)


T410のレビュー。写真はたくさん。T410の拡張性に関して。mini PCIカードスロットやメモリスロット、SIMカードスロット、ウルトラスリムベイなどを鮮明な写真で紹介しています。先日の51nb.comのものよりもよく撮れているし、フタを開けたショットも多いので参考になるかもしれません。

今日の Thinkなリンク - ThinkPad 旧機種でもFn+Ctrlの入れ替えが可能なBIOS Hackほか。

T500/T400/W500/W700でも Fn - Ctrl キー入れ替えするハック。


FN - CTRL swap on ThinkPad T400 / T500 keyboard(Lenovo Forum)

2010年以降発表の ThinkPad ではBIOSに標準搭載されている Fn, Ctrl キーの入れ替え機能ですがこれを一世代前の Tシリーズと Wシリーズ でも可能とするハックがあるようです。もちろん、BIOSに対するパッチを行います。

失敗しても保証外でしょうから、もし実行する場合はくれぐれも注意して自己責任で行ってください。

管理人は最近、VAIO と ThinkPad をちゃんぽんで使っていますが、Fn Ctrlの配列の違いには慣れてしまいました。ですから、このハックはテストしていません。

(どちらかというと同じ ThinkPad なのに T400s とX201sやW700でキー配列が違うことの方が戸惑っています。X201系が今回、キー配列変更をスキップしたのは非常に残念に思っています。)

T410 レビュー。T400とは何が変わったのか?


ThinkPad T410与T400外观对比

久しぶりに 51nb.comのぞいたら T410 と T400 を比較してレビューしてました。中国語の記事ですが、相変わらず写真はたくさん載っているので参考になるかもしれません。シャシー、キーボード、タッチパッド、USBポートの数と構成、などが変更されたことは気がついていましたが、6セルバッテリが変わっていることはこの記事を読んで知りました。


X201シリーズ、X201 tablet販売開始。W510 販売再開。


3月5日から X201/X201i/X201s シリーズ、X201 tablet シリーズの販売が日本でも始まりました。今回は発表時のアナウンス通り、3月初旬の発売ができたようです。(しかし、X100e では、販売開始はされたものの実際の納期が遅かったので油断はできないかもしれません。)

マイナーチェンジということもあってか販売開始の価格としては安めに設定されているように思います。しかしSSDは高め。X201s でも WiMAXが選べるようになっています。

またW510 の販売が再開しました。こちらはまだちょっと高め。さらにFHD液晶とタッチパネルがまだ選べないようです。(まさか高解像度液晶モデルを日本で売らないとは考えづらいのですが。)

管理人の欲しい構成はFHD液晶+タッチパネルなのでまだ買えない・・・。

X201iや T410i といったローエンド向けCPU、 Core i3 を搭載した廉価モデルも販売がスタートしています。Core i3 はTB(ターボブースト)機能を無効化していること、クロックが低いといった制限はあるものの、デュアルコアでHTも有効と言うことから結構よいのではないかと思っています。(しかし、いかんせん、使ったことがないもので。)

プロセッサ以外の仕様は末尾に i がつかないモデルと全く同じとのことです。

[PR] ThinkPad X201 シリーズ
[PR] ThinkPad X201 Tablet
[PR] ThinKPad W510

今日の Thinkなリンク - 香港じゃナンバー1なレノボほか

Lenovo rules in Hong Kong PC market: IDC

世界的なIT研究とアドバイス会社IDCからの最近のPCトラッカー報告によると、レノボ香港は、香港のクライアントPC市場で、そのリーダーシップ位置を保持しました。

ノートカテゴリーにおいて、レノボは21.2パーセントの市場占有率となり年間1番のノートブランドとしました。

Lenovo takes aim at mobile Internet, China market

中国国内市場でスマートフォンに力を入れていくという話がまた取り上げられています。

レノボのAndroid ケータイは1月にCESで出てきたばかりですが、これをはじめとしてスマートフォンやモバイルインターネットデバイスに注力していくと言うことのようです。今年はモバイルインターネットデバイスをもっとだしていくとのことです。

操作性で他を圧倒! 安くて使える新ThinkPadのお買い得度


日経トレンディーの記事。 Edge とX100e のレポート。今から読むにはまとまっていてちょうどいいかも。
2機種とも性能はそこそこということもあり、アピールポイントはやはりキーボードやトラックポイントの操作性かと。この辺は管理人も同感です。操作性にお金がかかっているのか、また11インチと言うこともあってか、X100e はまだちょっと高いですけどね。


自分のThinkPad X200sをWiMAXルーターにしてみた その1

自分のThinkPad X200sをWiMAXルーターにしてみた その2

おなじみ Ragemax さんの実験。今回は2枚のカードを使って X200s をモバイル WiFiルーターにすると言う面白い試み。NECのダメルーター WM3300R よりずっと安定しているようです。ちょっと大きいけれど。感度もよさげ。

今日の Thinkなリンク - レビュー・コンテスト入賞者発表

ThinkPad レビュー・コンテスト終了。入選者発表。

レノボ審査員による審査および投票数を加味して下記のとおり最優秀賞1名、優秀賞4名を選定させていただきました。賞に選ばれた記事をご投稿いただいた方には別途Eメールにて詳細をご連絡差し上げます。また、入賞50名および審査参加賞1名につきましては、Eメールによる当選連絡をもって発表に代えさせていただきます。

入賞された皆様。おめでとうございます。


当初の想定をはるかに上回るご応募をいただき、ご投稿いただいた記事の一部しか本サイトで紹介させていただくことができなかったことをお詫び申し上げます。皆様からいただいたThinkPadへの熱い思いを今後の製品開発への励みとさせていただくとともに、今後ともLenovo ThinkPadをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。


もっと大人の事情での載らない方がいるのかと思っておりました。
一般審査って結局できなかったのかな?

ちなみに管理人は応募しておりません。

Lenovo Plays up ThinkPad Brand via School Buying

ThinkPad ブランドの中国国内での販促。3月1日から21まで120以上の中国の大学で大学生、大学院生向けは安くするようです。もともと安い X100e や Edge は対象外のようです。



今日はヨドバシで IdeaPad S10-3 をみてきました。キー配列は微妙に違いますが、キータッチはX100eに非常に近いもので打ちやすいと思いました。やはり S10-3の方が X100e よりキー配列はよいと思いました。

ボタンレスになったタッチパッドは面積が広くなりました。これはよいのですが、ボタンの代わりにパッドの端を押すんです。慣れの問題があるかもしれませんが、正直、クリックはしずらかったですね。ここは出来がいいとは思えませんでした。

タッチパッドは MacBook みたいにしてくれた方が管理人は喜びます。

今日の Thinkなリンク。顧客はSlate PC を求めていないと語るレノボ

Lenovo says businesses don't want slate devices

XとWの新型機発表の際に海外で流れていた話題。ちょっと遅れて取り上げます。

Slate タイプっていうのは HP の Slate PC のようにキーボードレスでタッチパネルを備えているタブレット型のPC。マイクロソフトは今年からこれをはやらせようとしているし、(PCではないものの)、iPadなども出てくるわけで騒がれたのでしょう。レノボのIdeaPad U1 Hybrid だって分離すればSlate タイプになるデバイスだし、なんか変な話だなぁと思って、あんまりピンとこなかったんですよね。

Slate タイプのデバイスを全く出さないということではなく、あくまでこのタイプのPCは出さない。ということでしょう。

曰く、Slate タイプの PC は結局、仮想キーボードを画面内に備えており、そんな使いづらいキーボードではビジネスには使えない。学校の生徒らでテストしたところ、やはり物理的なキーボードが欲しいと話が出てきた。キーボードレスのタブレットPCは出さないよ。ということになったようです。




昨日は ThinkPad 扱っているブログの管理人5人で集まってオフ会をやってみました。

管理人はたまにブロガーミーティングってのに参加させていただくことはあって、その後に飲み会ってのはあったんです。

だけど、オフ会っていうのは十年以上ありませんでした。最初のお店は2時間程度のつもりが話が盛り上がってしまい気がついたら6時間も経っていて・・・。そろそろ日付が変わるという時間になっており、電車で帰れなくなった方もいらっしゃいました。年代はばらばらなんですけど濃い話をたくさんやって楽しかったですわ。

こんなことができるのも Twitter で新しい繋がり方ができるようになったおかげ。面白くなってきたなぁ。と思う次第です。

今日の Thinkなリンク - 第4世代 ThinkPad のレビューがまたぼちぼち。

Edge 13のレビューが出てました。


何かとうわさの「ThinkPad Edge 13”」を使ってみた (ITmedia)

Lenovo Edge 13 Review

管理人は Edge は実物は店頭で触って確かめたことはあるものの、じっくり触ったことはありません。

そんな程度しか触っていない状況で、意見を述べられても困ってしまうかもしれませんが、主に不満点はキーボードに集中しています。通常キーのキータッチ、配列には文句ないんです。

しかし、隙間のないファンクションキーやInsert,Deleteキー。なぜそこにあるのかわからない Print Screen キーなどは『何でこうなった?』と思うところです。全くクリック感のない PageUp/PageDown も然り。

各社(主に台湾勢)のCULV機に対抗するにはこれでも十分なのかもしれません。


Test Lenovo Thinkpad X100e 2876-27G Subnotebook

Notebookcheck.comで X100e のテストが取り上げられてます。
裏蓋、熱くなってますねぇ。管理人はやってませんでしたけど、膝の上に載せて使うと、きついかも。



Lenovo ThinkPad X201 Tablet(LAPTOPMAG)


X201t のデモ機はやはり早いタイミングで出回り始めたようです。

今日のThinkなリンク - IdeaPad S10-3 レビューほか。

Lenovo IdeaPad S10-3 レビュー(Notebook.com)

やっと出てきた S10-3のレビュー記事。

バッテリは下にややふくらむようになり、後ろの出っ張りはなくなりました。先日、コメントで教えていただいたとおり、タッチパッドは DELL mini 10 と同じ処理のようです。

X100e よりこちらの方がいいのではないか?と思うところはいろいろとあります。来週には店頭に並ぶはずですので実際に触って確かめたいと思っています。

ラピン社長にレノボ・ジャパンの成長戦略を聞く~第4世代ThinkPadは予想を上回る出足みせる(PC Watch)

ラピン氏が社長に就任してから、社内がどのように変わってきたのかという話。また、本社の六本木ヒルズ移転に伴う今後に関するお話。パートナーさんとの協調関係の強化がやはりあげられています。

今後の展開として、個人ユーザーとの接点を広げる方針のようで、うれしい限りではあります。

ブロガーイベントなどを企画しているとのことです。

ブログを持っている管理人が言ってもピンとこないかもしれないのですけれど、イベントはブロガーに限定しなくてもいいと思いますね。もっとオープンなやり方がいいんじゃないかと思うんです。

もしユーザー限定する必要があるなら、twitterユーザーくらいでいいんじゃないかなぁ。


ディテールに神が宿る - 後ろへ向かって前進


ThinkPadに貼られているステッカーってまっすぐ綺麗に貼られていることが多いよね、というお話。

Ragemax さんが面白いことに気づかれたので、管理人もちぃとばかし、お手伝いさせていただきました^^;。他のサイトさん用に写真素材を作るって言うのは初めてやってみましたけれど結構楽しかったですよ。


今日のThinkなリンク - W701/W701dsほか。

海外サイトにいろいろと出回っている ThinkPad W701/W701dsの情報。一次ソースは今回、Details on forthcoming Lenovo ThinkPad W701 & W701ds(ThinkPads.com)

メーカーがビジネスパートナー向けに用意した資料がいくつかアップされています。
CPUが Core i7系になり、RAMが最大16GBまでに変更。GPUは Qudaro FX2800Mまたは、FX3800M。
ディスプレイは変更無く、LEDバックライトの WUXGA(16:10) dsは WXGAのサブスクリーンを装備。
ウルトラベイは 12.7mm。9.5mm のデバイスも入るようです。

W510と同じく USB 3.0 を1ポート装備。

Test Lenovo Thinkpad T510 - 4349-4JG Notebook

T510のレビュー記事が出てきました。DPC Latency Checkerでちょっと問題が出ているようですね。気にするほどでも無いと思いますが。何がロックしているんでしょう。


My First Tablet(Design matters)


David Hill氏が、なにやらタブレット型デバイスの話をしています。特にこれから出てくる特定のデバイスについての話はないようですが、タイミング的に何かの発表が近いからではないでしょうか。何かとは→Lenovo educates us on the history of the tablet, has 'exciting products to announce this month'

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。