スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPadユーザー向けイベントイベントが行われるそうですよ。

ども、お久しぶり。

10月15日(金) 19:00からThinkPadユーザー向けイベントが行われるそうです。
場所は六本木ヒルズ。

今回はブロガー向けではなく、ThinkPad ユーザーで愛機を持って行ける方なら
誰でも参加OK。条件はこれだけ!

  • ThinkPadユーザーであること
  • 当日ご自分のThinkPadをお持ちいただける方
    ※当日の資料はUSBメモリーカードにて配布されます
  • 当日USTREAMを使った中継、ユーザーの皆様同士での写真や動画などの撮影が行われることを想定しておりますので、ご自身のお顔が放送/掲載されてもOKな方


開発者との意見交換会などもあるようですから話をしてみるのもよいかも。
定員は40名でオーバーした場合は抽選になるそうです。
お時間のある方はとりあえず応募してみては?

土居さんが入ってからなのか、最近のTwitter流行のおかげか、ブロガーじゃなくても参加できるイベントが増えてきたのは喜ばしい限りです。

レノボ・ジャパン主催、ThinkPadユーザー様向けイベント開催のご案内
スポンサーサイト

W510 はどうしちゃってるの?

W510の到着から1週間経ってますけど軽く使ってみただけで、まだ何もやっていません。
というのも…。

RealSSD C300x2購入済み。RAIDユニット待ちです。


今回のW510はハードディスクモデルを CTO しました。管理人はHDDのままで使うつもりはあまりなくて、SSDに載せ替えるつもりでしたが、問題はSSD1台で使うか RAIDで使うか?ということ。

Micron SSD 2台

Micron製 RealSSD C300

容量は512GBくらいは欲しかったんです。しかし、512GBのSSDは高い(17万くらい)ので、256GB x 2台のRAID0で使うことにしました。

今、一番お買い得かな?と個人的に思う、Micron製「RealSSD C300」を2台購入。6Gbpsの意味はないと思いますけれど 容量256GBのものが欲しかったので。

crucialではなく、Micronにしたのは単に入手性の問題。たまたまアキバの店で在庫があったのが、Micronだったという次第です。

W510 専用 RAIDアダプター 60Y5513はパーツセンターでは扱っていないとのことでしたので、eBay で購入。現在は、これの到着待ちの状態です。


日本では IdeaPad S10-3s、USではThinkPad L412/L512が発表

日本 IdeaPad S10-3s。解像度の低い 1024x600ドットのモデルのみ発表。
あの強烈すぎるカラー、日本はなし?




ニュースリリース(レノボ・ジャパン、パフォーマンスと操作性を大幅に向上させたIdeaPad S10シリーズネットブック、「IdeaPad S10-3s」を発表)


US ThinkPad L412/L512。

SLシリーズのつや消し液晶版と思われますが、再生パーツを多用しており、グリーンPC度がアップしているようです。

L412 L512

16:9液晶の解像度は 1366x768。バックライトはLED。グラフィクスチップはインテルのインテグレードタイプまたはATI の Mobility Radeon。

エナジースターのレーティングは5.0。
ニュースリリース(New Lenovo ThinkPad L Series Laptops Help Businesses "Do More, Save More")

さて、それでエコパーツ満載だとどれくらい安いんですか?
というのが気になるわけです。再生パーツはかえって高くなるような気もしますが…。

ある日のGoogleキャッシュ。(これも教えていただいたネタ)

http://74.125.153.132/search?q=cache:g8iMgXqgl-QJ:shopap.lenovo.com/SEUILibrary/controller/e/jpweb/LenovoPortal/ja_JP/special-offers.workflow:find-config%3Fcategory-id%3DC11CE8E186E04769812BFE970FDE84D5%26filter%3DAvailability_0+thunkpad+l512&cd=39&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ある日のGoogleキャッシュ
<画像クリックで拡大>


激安ですな。…本当なら。

ThinkPad に Felica/T410 T510 W510にNFCリーダー搭載

例によって Twitterで知りましたが とうとう ThinkPad にも Felica が載るようです。といってもワールドワイドモデルなので日本の Felica 専用と言うわけではなく Felica の上位互換である NFCリーダーを搭載します。

対象機種は T410 T510 W510 の3機種。いくつかのサイトにリリースがありますが一次ソースは トッパン・フォームズ株式会社のニュースリリース(pdf)

リリースによるとワールドワイドモデルへのNFCリーダー・ライター搭載はこれが世界初。日本ではCTOモデルに提供されるとのこと。提供時期は明記されていないようです。

今週、4/22新しいThinkPadが出てくるとの話。新シリーズか? Lか? SL,SLcか?

今までなかった形での製品予告なのかな。

armoredpenguin.com というサイトにクロスワードメーカーがあることは皆さんご存じでしょうか。もちろん、管理人は知りませんでした。

このサイトに Lenovo という名のアカウントで作成された問題が掲載されています。

New Lenovo Think Series Launching Soon

Lenovo Puzzle


すでにごらんになった方もいらっしゃると思いますが,Engadget.comにはクロスワードの回答が記載されています。(Lenovo to launch new ThinkPads,probably on April 22)

このパズルを解いてもずばり新製品がなんであるかが現れるわけではなく、そのヒントとなるキーワードが出てくるようになっていたわけです。

1.THINKPAD
2.LAPTOP
3.RECYCLED
4.EARTHDAY
5.CONSUMER
6.ENHANCED
7.ENERGY

これらのキーワードから想像される製品とはどんなものでしょう。

Thinkシリーズというと ThinkStationやThinkCenterもあるわけですが、今回発表されるのはThinkPad。

コンシュマー向けを意識したローコストなモデル。リサイクルパーツを採用した地球に優しい製品と言うことのようです。

2月に現れたロードマップを信じるならばLシリーズ。

さらに前に現れていた製品ロードマップを信じるならば ThinkPad SLシリーズのCalpella版へのモデルチェンジと SLc シリーズの発表ということになりますが…。

海外レビュー ThinkPad Edge 14

ThinkPad Edge 14

日本では4月6日発表でしたが US は3月中に発表されていたもの。これのレビュー記事が NotebookReview.com に載っていました。管理人の超適当翻訳です。写真は転載していません。
ThinkPad Edge 14


Lenovo ThinkPad Edge 14 Review(NotebookReview.com)


    評価機のスペックは
  • Windows 7 Professional 32-bit
  • Intel Core i3-330M processor (2.13GHz, 3MB cache)
  • 14-inch 1366 x 768 WXGA glossy display
  • Intel GMA HD integrated graphics
  • 2GB DDR3 RAM (2GB x 1)
  • 320GB Fujitsu 5400RPM hard drive
  • Intel 1000BGN Wi-Fi, Realtek Gigabit LAN
  • Built-in web camera
  • 6-cell 11.25v 57Wh battery
  • Dimensions: (LxWxH) 13.5 x 9.2 x 1.5"
  • Weight: 4.94 pounds

5400回転のHDDでWindows 7 を使うとちょっといらいらするんじゃないかなと思いますが。さて。


この記事には続きがあります。

また? レノボダイレクト X201s/X201 Tablet 受注停止

管理人は X100e のときに納期でひどい目に遭いましたが、今度は ThinkPad X201s と X201 Tablet が一次受注停止となっているようです。つい先日まで T410sも受注停止になっていましたから、いったいどうなっているの?と思ってしまいます。

http://shopap.lenovo.com/jp/notebooks/thinkpad/x-series


X201s X201 Tablet 受注停止


管理人のまわりでも X201s を注文されてまだ納入されていない方がいらっしゃいますが、かなりがっかりされていました。

Xシリーズ以外に目を向けてみると ThinkPad T/Wシリーズでは100台限定でメモリーが安くなっているのですが、FHD液晶モデルがまだ売られていないものですから、このチャンスに買うことはできず、管理人的には『そりゃないよ』と思っているところです。

ところで2010年はパーフェクト10(10点満点)を目指すんでしたよねぇ。4月までにかなりつまずいているように思われますが今後の盛り返しに期待したいと思います。

Twitterでレノボ担当者さんのつぶやきを読むと、レノボ・ジャパンの本社は昨日から六本木ヒルズに移られたそうでオフィスはなかなか立派になったのだそうです。中の人はいろいろ大変なのでしょうが、頑張っていただければと思います。




そういえば、昨日は Edge の 14インチモデル、15インチモデルが国内発表でしたが、そっちはスルーでいいかナット。


ThinkPad Edge 14インチと15インチが発表 ※もちろんUS。

あれれ、いつの間に出ていたんでしょうか…と思ったら19日にEngadget.com(US)載ってたんですね。
Lenovo ThinkPad Edge 14 and 15 shipping to small businesses, cupcake lovers

USのレノボで普通に売ってます。

ThinkPad Edge 14と15


これが現在はカスタマイズができないし、保守マニュアルもまだ出ていないようなので細かなスペックはわかりません。先のEngadget.comのリンクに掲載されたプレスリリースによるとBlu-rayオプションなども本来は選択できるようです。14インチと15インチのEdgeはCore i3,i5 または Cerelon 搭載となり2スピンドルとなっています。

またバックライトキーボードを備えており、オプションでAMDのディスクリートGPUが選択できる模様。


【関連記事】
2010-04-11 ThinkPad Edge 14 レビュー

ThinkPad mini 10。青いX100e。

例によっていろんなサイトに載っていますけれど一次ソースは netbooked

3507-CTO の写真が出てきました。(Atom N450を搭載したインテル版?。)

X100e 10インチ






X100e ブルー

天板、確かに青い。

詳細は保守マニュアルみれば載っていますが、手っ取り早くみたいという方はこちらから。
→2010-02-23 新色ブルーが追加。 X100e インテル PinewView版が出てくる模様

カナダとオーストラリアでデュアルコア版X100e販売開始?

このネタは2chで知りました。

レノボ・カナダとレノボ・オーストラリアで デュアルコア版 X100e の販売が始まったようです。

レノボ・カナダのページではシングルコア版との価格差が 0 なので何かのトラブルで掲載されてしまっているのかもしれません。

デュアルコア版販売開始


オーストラリアのレノボではそれぞれのCPUで価格差がきちんとあるのでこちらは本当に販売開始したのではないでしょうか。



デュアルコア版販売開始・オーストラリア

売られているのは これまでと同じ型番の 3508-CTOのバリエーションのようで、インテル版や10インチ液晶の 3507-CTOはまだのようです。

1オーストラリア・ドルは85円で計算するとシングルコア版との価格差は L335 は7947円ほど。L625は 10752円ほど。L335もL625も使ったことがないのでどの程度のパフォーマンス差があるのか気になります。もちろんシングルコア版に比べてどれくらい発熱が増えるのか、ファンノイズが変わるのかと言ったことも。


【関連する記事】
2010-02-23 新色ブルーが追加。 X100e インテル PinewView版が出てくる模様

X201関連をまとめて。

ということで、予定通り2月23日、発表となりました。

見た目はあんまり変わってなさそうですが、UltraNav が載ったこと、CPU が Core iシリーズに変更されたことが大きな違いですね。X201はステレオスピーカーのはずです。(X201sはモノラルのままのはず)

キーボードは変わってませんが、T400s 以降の新世代機っぽい部分はあって、マルチタッチ対応のタッチパッド、指紋認証インジケータの追加といったところでしょう。

えぇとまずはニュースリリースですね。

レノボ・ジャパン、不動の人気を誇るThinkPad Xシリーズの新製品、「ThinkPad X201」「ThinkPad X201s」「ThinkPad X201 Tablet」を発表

X201シリーズはマイナーチェンジと言うこともあってか、海外では評価用機材が出回っているようです。

Lenovo ThinkPad X201 Review(NotebookReivew.com)
速報版と言った感じのレビュー。3機種まとめて扱っています。X201 tablet の液晶がなかなか素敵なようです。

Lenovo ThinkPad X201 Tablet review(Engadget)
こちらは X201 Tablet 単品のレビューです。液晶解像度は1280x800。動画あり。

英語版は以前紹介しましたが、X201保守マニュアル日本語版がすでに登場しています。
ThinkPad X200、X200s、X200si、X201、X201i、および X201s 保守マニュアル

Tabletの保守マニュアルは日本語版まだのようです。英語版は出ていました。
やはり、従来のX200 tabletと共用のHMMとなっています。
Hardware Maintenance Manual - ThinkPad X200 Tablet and X201 Tablet

新色ブルーが追加。 X100e インテル PinewView版が出てくる模様

Engadgetなどで、ご存じかもしれませんが、X100e に インテル PineView 版が追加されるようです。
Lenovo US の Overview - ThinkPad X100e ページにN450版の記述があることを見つけたとの NetbookNews.de の記事が元記事のようです。

さて、この件、午前中に Twitter でつぶやいたら、この PineView 版 X100e について保守マニュアルにいろいろと載っていることを教えていただきました。(ありがとうございました。)

X100e キーボード

そんなわけで、X100e 日本語保守マニュアルをチェックしてみましょう。

この記事には続きがあります。

2月23日に New ThinkPad Mobile Workstation が発表?

レノボの公式 Twitterアカウントで、New ThinkPad Mobile Workstation の発表を告知しています。

公式発表なのでテザー広告と言うことになりますか。

While most mobile workstations only go to 10… ours go to 11(Lenovo Press)

このツィート(と表現しないといけないそうです。)のリンク先の画像をクリックすると2月23日に何かを発表するようです。

2月23日に何かがでてくるのでしょうか。

これが X201や X201s であろうと報じているメディアがいくつかあるようです。例:Lenovo confirms new ThinkPads this Tuesday(electronista.com)

Mobile Workstation っていうと W701/W701dsのような気もしますが、X201/X201s/X201tも同時発表かもしれません。



日記:X201マイナーチェン確定と言うこともあって、新型 VAIO Z とりあえず、エントリーしました。

買うかどうかは決めていません。

銀座ソニービルで実物も見てきました。キーとキーの間隔が広すぎるかなと思いましたけど、それ以外は悪い印象はありませんねぇ。不安なのはファンノイズ。ThinkPadの超静音ファンコントロールになれているとどうなのか心配ではあります。ソニービルじゃ確認できないですよねぇ。

量販店(ヨドバシカメラ)にてX100e の展示が始まる

今日は仕事の帰りにアキヨドよってきましたけどThinkPad X100e の店頭展示始まってます。カラーはブラック/ホワイト両方ありました。
管理人が触ったのはホワイト。結構良い感じです。はっきりいって高級感はあんまりありませんけど、こういうカジュアルな感じのPCが欲しかったんですよ。好みは分かれるかもしれません。

正直、白にすれば良かったかなとも思いましたが、まだ見ぬ赤に期待。

ThinkPad X100e at ヨドバシカメラ

キータッチはちょっと触った程度では結論は出せませんけど概ね好印象。上下のカーソルキーが押しにくいのでこれはもっとスペースをとってほしい。PageDown/PageUpキーの処理は満足。

タッチパッドが思ったより狭いのが気になりました。

ちなみに、Edge はありませんでした。

アキヨドにX100e の展示スペースがあると聞いていってきましたが

Twitterで『アキヨドにX100eの展示スペースがすでにある。マシンはまだないみたいだけど』という投稿をみたので、仕事の帰りにちょっくらよってきました。秋葉原 ヨドバシカメラ

確かに展示スペースはあるんですが、そこに書かれていた『発売日』に愕然とした次第です。


X100e 一月下旬


・・・入荷は1月下旬みたいです。げんなり。

店頭モデルの販売開始が1月下旬とすると管理人がレノボダイレクトに頼んだマシンもいつになることやら。
X100eの納期はどうなっているんでしょうねぇ。

1月6日に発注しましたが、今日もレノボダイレクトの受注ステータスをみると『生産指示済み』のまま変わらずですよ。


ついでにLoox U の新型が今日から展示開始ということでしばらく触ってみました。Type Pを持っていると確かに『今更?』という感じはしましたが、これはこれでいい感じと思えました。

今日のThinkなリンク - ThinkPad レビューコンテスト We Love ThinkPad発表ほか

ThinkPad レビューコンテスト We Love ThinkPad (レノボ・ジャパン)


あなたが感じるThinkPadの魅力や、ThinkPadへの熱い思いを是非ご紹介ください。このコンテストは、ThinkPadヘビーユーザーだけでなく、ThinkPadに触れたことがある方ならどなたでもご応募いただけるほか、応募記事の一般審査員としてもご参加いただけます。


募集要項がなかなか素敵。

  • 自分のブログへの投稿でもOK。フォームへの直接お応募でもOK。
    要はブログもってなくてもOK.
  • 一般の方が審査に参加可能。
  • 新機種だけではなく、対象機種が 60 シリーズ以降と幅広い。でもSLとZは対象外?
  • 副賞もいい感じ。最優秀賞 は X100e(1名)。優秀賞は iPod Touch(4名)。大和事業所見学会への招待付き。

ほぼ文句ない内容です。いいなぁ、これ。3年も前の機種が対象になっているところがすごいですよ。ブログもってなくてもOKというのもGood。

上位5名は大和事業所の見学もさせていただけるそうなのですが、『大和事業所見学会は今年平日の開催となります。日程は後日受賞者の方にご連絡差し上げます。』とのこと。

記事カテゴリーというのが定められているようです。

  1. 「ThinkPadの堅牢性」
    「こんな状況でも壊れなかった」、「データが守られて助かった」など、ThinkPadの堅牢性を示す実体験。

  2. 「ThinkPadのキーボード、トラックポイント」
    絶妙なタッチが自慢のThinkPad。キーボードとトラックポイントの使いやすさ。

  3. 「ThinkVantage Technology」
    ThinkPadを更に便利にするThinkVantage Technology。Rescue and Recovery、Access Connectionsなど、ThinkVantage Technologyについて。


  4. 「その他」
    「こんな便利な使い方を発見した」「これはThinkPadならではのイノベーションだ」など、上記に収まらない内容。


この記事カテゴリー(テーマ)というのが。管理人的にクリアするの難しいかも。『熱い思い』ってのも、どうも苦手だなぁ。けっこう、文句書いているのも多いですからね。『キーボードがたわむ』だの『こんなキーはいらない』だの『液晶が青い』だの・・・。そっち方向に熱いのなら自信がありますが。

X100eがきたらレビューは書くと思いますけど応募できるかな・・・。そもそも2月22日の応募締め切りに余裕を持って間に合うようにX100e は届くのかしら? 




新型 T シリーズの販売がレノボダイレクトで止まってます。原因はてっきりインテルの新型CPU関連なのではないか?かと思いましたが、そうとも言い切れないようです。というのも、US のサイトみるとやはりT510,T410s のオーダーがストップしているものの T410 だけは販売が継続されているからです。

レノボ US Tシリーズ



1月14日に開催された X100e/Edgeの体験ブロガーイベントの記事が AMN のサイトにまとまっているようです。
管理人は Twitter でフォローさせていただいている方の記事を中心に見させていただきましたが、製品もイベントも満足度は高かったようです。レポートはこゆいのからゆるぅーいのまでいろいろ。

「レノボThinkPad新製品発表」ブロガーミーティング イベントレポート(AMN)




ということで 昨日はAMN関連のリンクもみていたのですが、『これは、すげぇーよ』ともっとも衝撃を受けたブログ記事はこれ。ThinkPad 関係ではないですけども。
『アバター』3D全方式完全制覇レビュー [日記](It's a ...)

X100e キャンセルメールが来たよ。なんで?

つい先ほど(23:00ごろ)こんなメールが届きました。

[レノボ・ジャパン] ご注文の一部取り消しのお知らせ # 4XXXXXXXXX



この度、お客様からいただいたご注文の一部または全てについてキャンセル処理を行いましたのでご連絡致しております。

通常、キャンセル手続きはお客様との合意に基づいて行っておりますが、下記のような理由により、別途連絡なくこの通知が届く場合がございます。

1. 出荷工場変更
2. 銀行振込(前払い)未入金2週間経過

1の場合は、実際にはご注文のキャンセル手続きは行っておりません。弊社システムの仕様上、工場変更時に本メールが発信されてしまうことがございますが、オーダーの処理は引き続き進めさせて頂いておりますので、ご安心頂ければと存じます。
対象のお客様には、お騒がせしております点お詫び申し上げます。

~以下略~



X100eを注文して、かれこれ一週間。
レノボのサイトでステータスをみても、ずっと『受注済み』。いっこうに『生産指示済み』とか『生産中』に変わらないのでおかしいなとは思っていたんです。

このメールの文章をみると要は出荷工場が変更されたということなのだと思いますけど、明日問い合わせてみよう。
しかし、なんで『工場変更』の案内が『注文取り消し』というタイトルで届くのだろう。

[追記]
この件に関してさらにメールが来ました。(→【レノボショッピング】ThinkPad X100eシリーズについてのお詫び)
やはりキャンセルではなく、工場変更とのこと。現時点では納期が未確定のようです。

[さらに追記 10/16 16:00]
レノボのサイトで注文ステータスを確認したところ“生産指示済み”となっていました。

新型Tシリーズ CTO開始。やはりT510 は16:9 1080ですか・・・。

本日から ThinkPad T410,T510,T410s がレノボジャパンでCTO開始となりました。パチパチ。
Tシリーズの筐体が全面的に変わるのは2年ぶりとのことで何とも楽しみではあります。(もちろんT410sはのぞきます。)

ThinkPad Tシリーズ(レノボ・ジャパン)


管理人が狙っていた W510 はまだCTOお預けとなっているようなので、他のTシリーズをチラみしてみました。

ThinkPad T510


Wではなく Tシリーズでも横1920ドットのディスプレイが選べるようになりました。ただし、縦が1200ドットではなく1080ドットということでいささか残念ではあります。

T510 液晶解像度

15.4インチから15.6インチに若干サイズアップしたようです。

ちなみに、失われた縦120ドット。比較するとこんな感じ。

  • 1920 x 1200 WUXGA
    WUXGA 解像度 1920 X 1200 ピクセルの画面

  • 1920 x 1080 AV的にいうとD5 1080p。 Full HD というとこれ。
    D5 1080p 解像度 1920 X 1080 ピクセルの画面


参考:
液晶ディスプレイ画面 解像度別 表示領域 比較表

結構差があるんですよね。

まぁ、これまでの15インチ Z61p,T61p,W500とWUXGA液晶がイマサンだったことを考えると『綺麗になるなら、まぁいいか』という気もなくはないのです。しかし、実際にものをみてみないことには何とも。LEDバックライトということで期待はしています。

Core i7。WiMAXのアップデート(下り最大20Mbps、上り最大6Mbps)。再び NVidia に戻ったGPU。(T400sと同じ)新型キーボード。しかし触ってみないことには何とも。

ThinkPad T410


WXGAとWXGA+。16:10から変化がないためか、こちらは解像度がピクセル数で記載されてませんね。
80GB SSDが選択可能ですが、このオプションは¥69,300とかなり強気です。なぜ?X25-Mではないのかな。

ThinkPad T410s


スイッチャブルグラフィックス対応が一番大きな変化。T400sユーザーの管理人としては最初からこれだったらよかったのに・・・と正直思ってしまいますが、インテルのGPU一体型-新CPUによって初めて実現したということなのでしょう。





なんというか、T510もT410も最安モデルは11万円台と安いのはいいんですが、最初から安いというのは、クオリティー的に大丈夫なのかと若干不安。納期はT410,T510は2~3週間、T410sは3~4週間とのことです。

明日、六本木でブロガーミティングがあるそうなので、そこで展示されればレポートがあがってくるでしょう。
管理人は仕事の都合でいけないので申し込みませんでした。

[PR] ThinkPad Tシリーズ

アイって何だ? ThinkPad T510i?

T510,W510 用の保守マニュアルのダウンロードページだけができていました。しかし、ここにリンクされている実際のPDFはデッドリンク。中身を見る事はできませんでした。保守マニュアルがダウンロードできるようになるまでまだしばらくかかるようです。

興味深いのはここに書かれている ThinkPad T510i という機種です。ググってみたら海外の掲示板ではそれなりに話題になっているようです。

・・・このT510iが出てくるまで保守マニュアルはダウンロードできないのだろうか。

ブロガーミーティングで14日に六本木いかれる方、突っ込みネタがありますよん。

ThinkPad T510i

Hardware Maintenance Manual - ThinkPad T510, T510i and W510(レノボUS)

X200 にタッチパッドオプションが追加される模様。

ThinkPad Clubのスレッドで知りましたが、X200にタッチパッドオプションが加わるようです。

この新製品ラッシュの時期にマイナーチェンジでタッチパッド付が出てくる。ということは、本格モデルチェンジはまだ先なのでしょうねぇ。
もしマルチタッチ対応で2本指スクロールができるなら、いまの X200sにパーツ交換で試してみたいところです。


ThinkPad X200 with TouchPad

USのサイトでみてみましたがCTOでの選択、まだできませんね。

Via Engadget 中国版

CES新製品ラッシュ Lenovo Blog も更新が多いみたいです。

.Inside the Box

CES – New ThinkPad Roundup

ThinkPad EDGE and X100e

IdeaPad U1 Hybrid Notebook


Design Matters

New Decade. New ThinkPads.


New ThinkPad Classics


Yamato Thinking

ノット・オンリー・ブラック

この記事には続きがあります。

はや!ThinkPad X100とEdge が日本でも発表。即日発売開始。

米国からほとんど遅れることなく日本でも ThinkPad X100e と Edge が発表されました。
レノボ、ThinkPadの世界をさらに広げる「ThinkPad X100e」と「ThinkPad Edge 13”」を発表(レノボジャパン)

ThinkPad X100e 製品情報(レノボジャパン)
ThinkPad Edge 13製品情報(レノボジャパン)

発表と同時に発売開始。X100e に関してはレノボダイレクトでのカスタマイズオーダーでは英語キーボードも選択可能です。

T400s のときは米国とのタイムラグは少なく発売は早かったもののカスタマイズオーダーが始まるまでには何週間かかかりましたからね。 (16:00 訂正、一週間でした→ニューモデル発売からクーポン適用対象になるまで何日? 2009-07-11 )

米国では販売されないアークティックホワイトも日本では選べます。これはかなりがんばっているではないですか。

価格は ¥59,850から。ただしWLANつけると¥63,840。ほとんどの方はこれを買うのではないでしょうか。¥78,960の最上位モデルは6セルバッテリとBluetooth、320GBのHDDがついているようですが、これらは 63840円のモデルにオプションで足すことも可能なようです。

しかし、Edgeの方はカスタマイズにまだ対応していないようです。また現在のところ Intel Core 2 モデルは日本ではラインナップされていないようです。(AMD Turion Neo X2 Dual-CoreまたはAMD Athlon Neo X2 Dual-Core L325 )

販売体制に関しては X100eとEdge 13で力の入れ方がだいぶ違うように見えますが、日本では X100e は『売れる!』と踏んでいるんでしょう。

とりあえず、昨年から 1366x768のネットブックほしい病だった管理人は、X100e は英語キーボードも選べるので買ってみることにします。本当は10インチがほしかったのだけれど・・・。
(しかし、このあと今四半期中にDual Core 版が控えているらしいですから、今回はスルーという方も多いかもしれません。)

PC Watch の記事によるとX100e は大和事業所で開発されたような記述があります。
レノボ、AMD VISION Pro採用「ThinkPad Edge 13"/X100e」 (PC Watch)
いよいよ第4世代に踏み出したThinkPadとは?(PC Watch)
・・・開発期間5ヶ月。みじかいですね。

色はどれにしようかなっと。AMDのノートは初めてなので楽しみ。

[PR] ThinkPad X100e(レノボダイレクト) 納期は1~2週間
[PR] ThinkPad Edge 13(レノボダイレクト) 納期は1~2週間

海外レビューをまとめて:ThinkPad X100e

ThinkPad X100e のレビューも出始めています。こちらも各サイトからの抜粋を随時更新で。

レノボオフィシャルなビデオはThinkPad X100e(Lenovo Media Player)

一発目は Hardware Zone。

Lenovo X100e Preview - Business as Usual

X100e.jpg
評価機は ヒートウェーブレッド。プロトタイプであるそうです。レノボのHPではみられなかった6セルバッテリ装着時の写真を見ることができます。6セルバッテリだと出っ張りますね。

Athlon Neo MV40、4GBのRAM、Realtekの802.11b/g/n WiFiアダプタ、160GBまたは320GBのHDD。液晶の解像度は1366x768。
ThinkVantage Technologies を備えておりHDDは Airbag Protection機能(アクティブプロテクションのこと?)を備えているそうです。

LEDがたくさんついているノートブックがいくつか出ていますが X100e は控えめであるそうです。

この記事によるとX100eの液晶は LEDバックライトであるそうです。

Hands On: The Lenovo ThinkPad X100e Netbook(PC Magazine)

"ハンズオン"と書かれていますが、サイトを見ればわかるようなことばかり。あいかわらずの PC Magazineです。
AMD Athlon Neo X2 や Turion X2のデュアルコアバージョンが出てくるようです。

10万円を切る「ThinkPad X100e」は本当に“ThinkPad”なのか(ITmdeia)

・・・海外じゃないけれど、今出ているX100e のレビューの中ではこれが決定版でしょう。レビューで使われているX100e は製品版ではなくプロトタイプとのこと。写真多数。ドーム上になっているトップカバーもよくわかります。解説もばっちり。

ThinkPad X100e 開封の議(PCPOP)
色はホワイト。

X100e をあけてみた(PCPOP)
(※音が出ます)
こちらはレッド。蓋をするとフレームも真っ赤。塗装されてないんですね。

ThinkPad X100e レッド(51nb.com)
こちらもレッド。写真はたくさんあります。ATi Radeon HD 3200での3D Mark 06は1043。Power DVD9での動画再生におけるCPU負荷は720pで85%,1080pで100%。

[PR] ThinkPad X100e (レノボ・ダイレクト)



【関連する記事】
2010-01-04 海外レビューをまとめて:ThinkPad Edge

海外レビューをまとめて:ThinkPad Edge

たくさん出てくるでしょうから、ここは各誌から抜粋で取り上げて、随時更新で。

レノボオフィシャルなビデオはこちら→ThinkPad Edge(Lenovo Media Player)

ブログに直接ムービーを貼れるようにもなっているんですけど、いきなり再生が始まって音が出るのでこれを貼るのはちょっときついですね。

レビュー一発目は Engadget.com

Lenovo ThinkPad Edge 13 review(Engadget.com)

edge00.jpg$549からの ThinkPad Edge。評価機は $899のもので2日間に渡って評価を行ったそうです。トップカバーはツルテカでかなり反射してます。液晶もツルテカでかなりリフレクションしています。

タッチパッドの面積は広く、2本指スクロールのレスポンスはよいようです。しかし、ピンチ操作によるズームは切って操作を行ったそうです。というのもタッチパッドは敏感すぎて2本指スクロールと共存させると使いにくかったようです。

他のCULVノートと比べてもパフォーマンスに不満はないとのこと。評価機は Core 2 DUO SU7300,4GBのメモリと320GBのハードディスクを装備。OSはWindows 7。FireFox、Word 2008(※2007の間違い?)、GIMP、TweetDeckそしてiTunes を走らせても操作が遅くなったり詰まるようなことはなかったとのこと。(ちなみに$549のバージョンはAMDのCPU,2GBのメモリ、160GBのHDDそして3セルのバッテリ。)

GMA 4500Mはゲーム向けのパフォーマンスは出せないようですが、Youtube の HDトレイラーや 1080p のQuickTime ビデオの再生はスムーズであるそうです。3DMark06の値は 905。

2発目は NotebookReview.com

Lenovo ThinkPad Edge Review

Edge01.jpg評価機はEngadgetのものと同等と思われ$899。この記事によると Intel 6250AGN+WiMax, Bluetooth 2.0, Gobi 2000 WWANを備えているようです。キーボードと天板の周りのライン、白かと思っていましたがシルバーのプラスティックなのですね。

ThinkPadとしては液晶のヒンジが小さく弱いとの記述があります。またボディーのグロスペイントのクオリティーは高くないとのことです。

シャーシーはロールケージは備えていないものの強く頑丈。ハードディスク、ワイアレスLANカード、メモリーの交換は簡単でパネルを1枚外せばアクセスできるようです。

廃熱処理は上手に行われるようで熱くなることはないとのこと。ファンは普段はオフで負荷が高くなると回るタイプのようですが、回ってもファンノイズはかなり小さいようです。

Mobile Tech Minutes: Consumer ThinkPad Edge on Video

ビデオレビューが出ています。ビデオ画面の上にHDのOn/OffがあるのでOnにして再生することをおすすめします。NotebookReviewの指摘通り、ヒンジが貧弱に見えますね。Edgeの14インチと15インチ版は Q2に出てくるようです。


ThinkPad Edge Review: A Murky Middle Ground(GIZMODO Australia)


トップカバーは180度以上開くことがわかります。指紋がつくとかなり目立つようです。

[PR] ThinkPad Edge (レノボ・ダイレクト)



【関連する記事】
2010-01-04 海外レビューをまとめて:ThinkPad X100e

ThinkPad T410S,T410,T510,W510 は1月7日受注開始 ※もちろんUSです。

2010-01-07 更新:無事発表されましたが、日本はまだカスタマイズできないようです。
USはOKなようなのでどんな感じをみるかはこちらがよいかも。




W500の後継機しっかりありましたね。

ThinkPad W510


New Product showcase - Lenovo US

このページによるとT410s,T410,510のCPUは Core i5、W510はCore i7にバージョンアップ。
内蔵メモリーが16GBまで搭載可能になるようです。写真はW510。16:9液晶になるせいかキーボードの横のスペースが大きくなったのでは。W510もマルチタッチ液晶となり、カラーキャリブレーションも内蔵されるとのことです。カラーキャリブレーションは青い液晶対策にはいいかもしれません。

どの機種も(T400sと同じ?)新型キーボードにリプレースされます。

X210系はまだ発表がありませんね?

・・・USBポートの数をみるとあのT410sはネタであっていたのかな?

01-04 19:00 Update

ThinkPad T410s


CPUはCore i5-520M(2.4GHz)からi5-540M(2.5GHz)
GPUはIntelチップセット内蔵と NVIDIA NV3100M。
内蔵メモリーは8GBまで。
6セルバッテリで1.77Kg。

ThinkPad T410/T510


CPUはCore i5-520M(2.4GHz)からi5-560M(2.66GHz)
GPUはIntelチップセット内蔵と NVIDIA NV3100M。
内蔵メモリーは8GBまで。

15インチ(T510)は 1366 x 768,1600x900,1920x1080 といずれも 16:9液晶になるようです。
14インチ(T410)は 1208x800,1440x900で 16:10 のまま。

ThinkPad W510


CPUは Quad Core となるようです。i7-200M(1.6Ghz),i7-200M(1.73GHz),Extreme i7-920XM(2.0GHz)
GPUは Intelチップセット内蔵とNVIDIA Quadro FX880。USB 3.0 を搭載。
内蔵メモリーは16GBまで。
USでは 1280x800 16:10 スクリーンや 140x900 16:10 スクリーンも用意されるようです。6セルバッテリでは 2.67Kg。

・・・W510では1ポートのみとはいえ、USB3.0を載せるようですが、ドックはまた変わるのかな。

via Lenovo ThinkPad T410s, T410, T510 and W510 notebooks get Intel Dual-Core, Core i5/i7 injection(SLASH GEAR)

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。