スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad Tablet 32GB モデル到着。開封の議。



ThinkPad Tablet 画面ツルテカですな。とりあえず開封の議。

この記事には続きがあります。

スポンサーサイト

ThinkPad X200s を X201s に改造する

予告編から時間がたちましたがようやくThinkPad X200sの X201s化が終わりました。作業量はたいしたことないんですが、写真を撮りながらの作業ってちょっと手間がかかっておっくうになってしまうんですね^^;

 

管理人の ThinkPad X200s。システムボードとパームレストの換装が終わって無事 X201s スペックで動いています。

この記事には続きがあります。

ThinkPad X200s → X201s 改造準備。システムボード 63Y2074 到着

ThinkPad X201s システムボード 63Y2074


200番台のXシリーズは未だにX200sから買い換えていない管理人。何かおもしろいことはないかなぁと思っていたら 後ろに向かって前進 Act 2"の中の人のRagemax さんが X200s の X201s化を実践しており、これに習ってやってみようと思い立った次第。


ThinkPad X201s と X200s 保守マニュアル見るとほとんど変ってませんね。ということでX201s用システムボード 63Y2074と指紋認証ユニットを入手して換装してあげれば、ThinkPad X200s(改) X201s のできあがり。




システムボードはeBayなどで入手が可能ですが、今回はRagemaxさんに入手の手配もお願いしました。X200s → X201s 化には 他に指紋認証ユニットが必要なので、現在はそれ待ちです。
とりあえず、このシステムボードを少し見てみましょうか。



この記事には続きがあります。

ややヘビーデューティー指向に? ThinkPad X220 レビュー

Sandy Bridge対応した X2xxシリーズの2011年モデル。ThinkPad X220です。



2010年、T400,T500 シリーズが T410,T510 と進化する間も X200→X201と一世代フルモデルチェンジを遅らせてきたX200番代後継機はどうなるのか?。管理人的には興味津々でした。



売れ筋のX200/X201の後継機ということで、かなり気合いの入ったモデルとなっている…。



…なんて感じのものを期待してましたが、触っても、そういう感じはあんまり、しなくって^^;。どちらかというとX201を2011年のフォーマットに進化させて、お買い得な値段でみんなに出していこうというコンセプトなのかなっと。



作りを安っぽくして実現したというお買い得ではなく、X201と同等以上のThinkPadクオリティー保っている印象。ただし新素材や限界を極めたチャレンジで軽量化をするということはあまり、行っておらず、比較的リーズナブルな価格に抑えているという意味ですね。

X200/X201シリーズにSandyBridge世代のモデルとして通用する強化を行い、T400s以降での新しいThinkPad的な印を入れてきたと言う印象。無理に頑張ってないから価格もそんなにお高くなくて( 現在は102,900円から:レノボダイレクト)


新しいコンセプトの提案とか技術的チャレンジは並行開発されていたThinkPad X1で行い、"クラシックThinkPad"とも呼ばれるようになったこちらの X220は従来路線のままでの進化を狙ったものなのでしょう。

 

この記事には続きがあります。

ThinkPad X220をお借りしました

最近、Macbook Air 11 を持ち歩いている管理人としてはもうちょっと軽いのがほしいんですけど出さないんでしょうね。ThinkPad X220s...。ということでお借りしました。ThinkPad X220。

実物は何度か見てはいるんですがじっくり使うのは初めて。日本語キーボードでミスタイプしまくっている状況なので評価はもう少し使ってからにしたほうがよさそう。

2年も前のX200sからみると、いろいろ進んでるのねぇと実感することしきりです。ラッチレスのヒンジはラクだしT400sと同じく使いやすい配列になったキーボード。X201系でとって付けたような感じだったタッチパッドも一体感が出ています。

しかし、未だにウルトラベースを用意しているところなど"変わってないなぁ"と思えるのは素晴らしい。触った印象も変わってないなぁという感じ。




液晶の解像度に不満はあるけれど、ハイエンド機ってわけじゃないから頑張らなくてもよいのでしょう。X200sのちょっと快調表現の苦しかった液晶とくらべるとよいのかな。色温度は相変わらず低く目ですね。ほぼビジネスユースにターゲットを絞った製品ですからテキストの入力がしやすくて見やすければよいんでしょう。

管理人はタッチパッドにアレルギーはないのですが、この大きさではトラックポイントを使うことになりそう。

そうそう、月末に頼んだ X121eは金曜に出荷されたそうです。


ThinkPad X201 Tablet レビュー。液晶とタブレット編。

前回は主に液晶のヒンジ部分の話だったのですが今回はその他の部分をまとめて。


DSC_1439.jpg

この記事には続きがあります。

ThinkPad X201 Tablet レビュー。スペック&液晶ヒンジ編

ちょっとずつやっていくつもりが、週末まとめてになってしまいました。ThinkPad X201 Tablet です。
長期間にわたってTablet PCを使ったのはじめてですがなかなか新鮮。このX201t はただのコンバーチブルタブレットPCではなく、マルチタッチ液晶も搭載していて使い方次第ではいろいろ遊べそうです。

DSC_5547.jpg

もうちょっと長く貸してもらえるとマルチタッチ対応のアプリもいくつか試せたかと思いますが、タイムオーバーとなりました。

この記事には続きがあります。

CHICONY,ALPS,NMB 写真で比べる全メーカー製キーボードパーツ 2010

ThinkPad T/Wシリーズ用は3つの部品メーカーが作っています。チコニー、アルプス電気、ミネベア(NMB:Nippon Miniature Bearing)の3社であるようです。

昨年に続いてT400s以降のT/Wシリーズ用の新型キーボード(DELETEキーが大型化したタイプ)をすべて集めてみました。今回は3種類とも英語キーボードです。

CHICONY製キーボードはThinkPad T400sについてきたもの。ALPS製はThinkPad W510についてきたもの。そして NMB製は eBayでパーツを落札したものです。なお、レノボダイレクトのCTOでもキーボードの部品メーカーまで指定して買うことはできません。(もちろん日本語・英語のレイアウトの指定はできます。)

そのとき工場に在庫のあるものが製品に使われて出荷されるのだそうです。


全メーカー製 T400s用キーボード


以前コメントで教えていただいた見分け方も書いておきました。
写真はクリックで拡大します。(以前ほど大きくありませんけど)

この記事には続きがあります。

写真で比較 IdeaPad S10-3 と ThinkPad X100eレビュー(2)

IdeaPad S10-3 vs X100e の続き。1回目はこちら。→写真で比較 IdeaPad S10-3 と ThinkPad X100eレビュー(1)

S10-3表紙(2)


この記事には続きがあります。

写真で比較 IdeaPad S10-3 と ThinkPad X100eレビュー(1)

IdeaPad S10-3 のレビューはたぶんいろんなところで出ているんでしょう。ということでうちは IdeaPad S10-3とThinkPad X100e をいろいろと写真で比べてみました。

S10-3表紙(3)

IdeaPadは中国主導。主に中国側での開発。ThinkPadは(だいたい)日本の大和研究所での開発。

管理人のおおよその認識はこんな感じ。とはいえレノボ設立からすでに5年。大和の技術者も中国に渡っているはずだしノウハウも蓄積されているはず。製品の開発スパンが短いことから IdeaPadの方が良くなっている部分もちょくちょく見受けられるようになってきたと思います。すぐに思いつくキーボード配列かな?

そんなわけでCESで同時期に発表された2台を比べてみたくなった次第。


この記事には続きがあります。

なんだこれは?。Unboxing 60Y5513 W510 用 RAIDアダプタ

eBay で買った W510 用RAIDアダプタが届きました。


60y5513箱

W510がRAIDに対応しているのかどうかについても怪しいところがありました(※レノボに問い合わせた方の書き込み:ThinkPad Club)し、このアダプタも本当にメーカーが出荷しているのか不安でしたが 60Y5513 のラベルが貼られた補修部品用の箱に入って来ましたから、たぶん本物でしょう。

いろいろと正体不明のデバイスでしたけど、これでようやくW510のセットアップができます。
W510専用だし、わざわざ新規型番になっているからには 12.7mmの新設計HDD ベイアダプタなのだろうと思っていたのです…。

この記事には続きがあります。

パッケージングは何が変わった?開梱編 ThinkPad W510 レビュー 

やっと開けましたよ。W510。9:30AM。


なんか曲がっている


なんかシールが曲がってます…。いままで管理人が買ったThinkPadはまっすぐだったような気がしますよ。>レノボさん。
ディテールに神が宿る(後ろに向かって前進)

Twitter で教えていただいたところによるとシリアルの頭が LV で始まるものは Wistron製らしく、今回のW510は Lenovo Information Products Company(LIPC)製のようで シリアル番号は R8 で始まるものです。Manufactured for Lenovo。

R8で始まるシリアル

この記事には続きがあります。

どうしちゃったんだ?。ThinkPad W510 が注文から11日で到着!?


ThinkPad W510到着

5月23日に注文した W510 がなんと11日で到着しましたよ。まったくどうしちゃったんでしょうね。
出荷まで4週間がかかると書かれていた FHD ディスプレイまで付けたのに。

ちなみにレノボ・ダイレクトでW510のページを見ると今日、現在もこのFHD + マルチタッチディスプレイは納期が4週間以上と書かれています。

到着までの過程はこんな感じ。

5月23日 発注
5月27日 出荷(Webのステータスは受注済みのまま)
5月29日 成田着
6月1日 なぜかこのタイミングで商品出荷のメール
6月2日 納品予定日お知らせのメール
6月3日 到着

この記事には続きがあります。

b-Mobile SIM 5日目。X100e内蔵 WWANで使ってみた

もう結構やったから、おなかいっぱいの方もいらっしゃるでしょうが、認識しない機種というのもあるそうなので。 ThinkPad X100e に内蔵した Gobi 2000 3G WWANカードで試してみました。

Gobi 2000とb-MobileSIM-U300

この記事には続きがあります。

ThinkPad X100e に 3G WWAN(Gobi 2000)を内蔵する

日本では 3G WWAN カード入りのThinkPad は現在CTOで買うことはできませんが、もともとThinkPad は 3G WAN に対応しています。USでは普通にレノボ・ダイレクトで3G対応モデルを買うことができます。

3G WWAN カードは日本では単体入手も難しいようですが、e-bay などで入手することはできます。今回は Twitterでよさそうなものを教えていたいたので買ってみました。Gobi 2000(60Y3183)レノボ純正品です。

60Y3183 Gobi2000ネジつき

この記事には続きがあります。

各メーカー製 キーボードを比較する。ThinkPad X200/X201用

ThinkPadのキーボードはCTOで英語・日本語などの種類が選べます。
このキーボード、いくつかのメーカーが生産しており、どのメーカーのものが載ってくるかまでは選ぶことができません。T/W/Rシリーズでは ALPS/NMB/CHICONY製があります。

ThinkPad X200/X201用は NMB/CHICONY の2社のみで ALPS製はありません



X200_X201_英語キーボード


Xシリーズ用のキーボードネタは以前も一応やったのですが、あんまり写真がうまく撮れていなかったこともあり、Tシリーズ用キーボードで作った記事のフォーマットに合わせてやり直しました。

この記事には続きがあります。

ThinkPad のブラウザキーがウザくて仕方がない(2) - 無効化ではなく Page Up/Page Down にしてみる。

ThinkPad T400s カーソルキー周辺


fleche-bleu-telecharger-icone-5595-128.png

ThinkPad X100e カーソルキー周辺アップ

この記事には続きがあります。

やはり ThinkPad X100e のハードディスクを換装、SSD化。

キーボードやトラックポイントの出来、ファンノイズの小ささなどから、ネットブックとしての満足度は高いと思っていますが、慣れてくるとパフォーマンス不足が気になるものです。

X100e のようなネットブックにSSDや高速なHDDへの換装は価格費用効果的にとうなのか?

ThinkPad X100e SSD交換


少々疑問はありますが、管理人の手元には 昨年、購入した Intel X25-M という比較的よい SSD がありましたのでこれを入れてみることにします。(いまや、アマゾンで2万円台前半まで下がってますからあんまり気にしなくていいかも。)

また、SSDだけでなく7200rpmのハードディスクも試してみます。IdeaPadも含めて、レノボのネットブック搭載するHDDが2.5インチで入手がしやすく、交換作業もラクのはよいところ。

今回試した HDD/SSD
MJA2320BH.jpg HTS723216L9SA60.jpg Intel X25-M
標準装備のHDD
富士通 MJA2320BH
5400回転。320GB
W700についてきたHDD
日立 HTS723216L9SA60
7200回転。160GB
インテル SSD
X25-M 80GB


標準装備のHDDは5400回転で Windows 7 を使うのには少々役不足力不足ではないかという気がします。7200回転のHDDでもSSDでも体感速度向上の効果が期待できます。

もちろん CPUだって役不足力不足ですがそう簡単にユーザーが載せ替えられるものではありませんからねぇ。

・・・力不足と書くべきところを役不足と間違えてしまいました。コメントで優しく教えていただいた方、ありがとうございます(m_m)

この記事には続きがあります。

ThinkPad X100e レビュー ファーストインプレッション(2)

テストショット
EEロゴ X100eキーボード

ThinkPad X100e レビュー ファーストインプレッション(1)からの続きです。


この記事には続きがあります。

ThinkPad X100e レビュー ファーストインプレッション(1)

赤いネットブックは素敵


ThinkPad ブランドのネットブックの話が明るみに出てたのが 2009年4月→Lenovoのアナリスト CULVでThinkPadブランドのネットブックを語る

製品は意外と早く出てきました。(納期は遅かったけれど・・・)

ThinkPad X100e 開封1

いつものと同じ見慣れた体裁の ThinkPad の箱から、赤いボディーが出てくるとやはりドキッとするものがあります。 ThinkPad X100e(ヒートウェーブ・レッド)。

ThinkPad X100e 開封2

うちは黒いパソコンが多いので、もう少しカジュアルな感じで、しかし作りがしっかりとしていて、なおかつ高解像度で使いやすいネットブックが欲しいと思っていたんですね。だいたい去年の夏頃からブログにもそんなことを書いていました。

ですから、このX100eには相当期待していたわけです。色はさんざん迷ったあげく、Vote も参考にして決めました。ちなみに一番人気はブラック、次いでレッド、ホワイトはあまり人気ありませんでしたね。

さて、実際に使ってみてどうかという話。このレビュー。あまりに長くなったので2回に分けます。

この記事には続きがあります。

到着しました ThinkPad X100e。

工場変更などで納期が遅れていた ThinkPad X100e が昨日、届きました

なんだかんだでこれまで触れず。アンドロイドもいじっているんで今週忙しくなりますね。


到着しました X100e



CTOの開始とともに中国からの発送になって、通常の箱の上にさらに外箱をかぶせて発送されていました。
→参考:Thinkpad X200s 到着

けれど、今回のX100eは(日本国内から発送されていた頃のように)通常の箱で送られてきました。

コストダウンのため最近のThinkPad はこうなのか、X100eのような廉価モデルはこういう風になっているのかはわかりませんけれど、管理人的にはあの外箱は無駄だなぁと思っていましたので、これは大歓迎

箱を見る限り普通の ThinkPad ですね。

この記事には続きがあります。

ThinkPad X100e 買うならどの色?

X100e を買うのは決めたもののまだカラーは決められない管理人です。そんなわけもあって、こんなものを思いつきました。

ちょっと前にテストしてみた VOTE システム。投票すると現在の票が見られるシステムになっていたりします。

あなたはどのカラーを買いたいですか?

どのカラーでも『これは無理』という方もいらっしゃるでしょうから、4つめの選択肢として用意してみました。

よかったらどうぞ。





他によい Vote システムがあったら次から使ってみたいと思いますのでコメントなどで教えていただけると助かります。

X100e 三色

T400s とThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3(43N3412)

T400s になって新たに加わったオプション 43N3412です。従来型の43R1980と何が違うのか?

上 43N3412
下 43R1980

です。忘れていた宿題をこれからやります…。今回の記事は写真をクリックすると横1024ドットで鮮明なものが出てきます。

ThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3(43N3412)



この記事には続きがあります。

W700ds に Windows 7 をクリーンインストール

ということで、先日のトラブルがきっかけでThinkPad W700ds に Windows 7 を入れました。Windows 7 Ultimate(64bit版) をMSDNからダウンロードしてクリーンインストール。

やり方は ThinkPad Club にスレッドがあったのでこれをトレース(→ W700dsにWindows7をクリーンインストールで2題
RAID 関係でつまずくこともなくOSのインストールはスムーズ。この段階でワイアレスLANも動きます。

ドライバは TVSU で入れますが、ディスプレイドライバは入らず。Windows Update でもいいし、レノボからダウンロードしてもOK。

ディスプレイキャリブレーション用の Huey Pro もTVSUで入りませんので、これも手動インストール。なぜか 日本のレノボにもUSのレノボにもファイルがこのタイミングではみあたらなかったのでUKのレノボからダウンロードしました。これはVista 用のもので動いています。

Windows 7 のエクスペリエンスのスコアはこんな感じ。

W700ds エクスペリエンス

CPUは2.53Ghz のクアッドコア Core 2 Extreme Q9300、メモリーは8GB、GPUはQuadro FX3700M、ハードディスクのスコアが高いのは換装して SSD RAID0 にしてあるからです。→OCZ Vertex RAID 0 テスト、または W700ds SSD換装

で、困っているのは指紋認証。ブート時は問題ありませんが、サスペンドからの復帰で指紋認証でログオンしようとすると『ロックしているのは君じゃないよ』的なエラーが出てることがしばしば。仕方がないのでパスワードを打ってログオンしています。

トラックポイントドライバアップデートしたら NEC と認識されたorz…

W700ds のトラックポイントドライバアップデートしたら、こんなふうになってしまいました。
センターボタンが全然使えません。インストール・アンインストールを繰り返してみたんですが、直りませんでした。

ThinkPad W700ds トラブル


しかし、ThinkVantage System Update でインストールしたのに、なぜ NEC になるのか・・。
レノボのサイトからダウンロードしなおしてみても、症状は変わらず、10/22付けのUltraNav ドライバー (Windows 7 64-bit/Vista 64-bit) Ver.13.2.4.12。
レノボのサイトから落とした純正ドライバといえどSynaptics Pointing Device Driver ということで、他のベンダーの情報も入っていて、何かがずれてしまうとこうなってしまうのでしょう。

Windows 7 を入れるいい機会だと思うので、これからクリーンインストールで入れてみます。
しかし参ったな…。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。