スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO X先行体験会。開発者の生トークは熱かった(1)

みんぽす

VAIO X のセミナーに行ってきました。このイベント、VAIO X発表日の10月8日に行われたものです。当日は台風が上陸したため開催も危ぶまれましたが、夜にはだいぶ落ち着いており無事に開催されました。では、嵐を呼ぶイベント(笑)、行ってみましょう。

VAIO_X.jpg
VAIO X プロトタイプやら、モックやらいろいろ。

商品開発秘話というとやっぱりメーカーさんは熱く語ってくれるんですが、今回は特に熱かったですよ。そういったわけで、今回はスピーカーの皆さんのトークがうまく伝えられるといいのかなという感じでまとめてみました。…しかし、長い。

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

スピーカーはこの4方。

林さん2 VAIO X シリーズ 開発責任者 プログラムマネージャの林さん Type S(SZ), Type G,Type Zなど。ご本人曰く VAIOの中でも玄人受けする機種を担当された方。

森澤さん2デザイナーの森澤さん。Walkman A初代機、Rolly、VAIO note 505 Extreme の担当でもあります。エッジの効いた商品を担当されているようです。

西さん2VAIO の商品企画を担当の西さん。VAIO P(Type Pではなく一体型デスクトップのポータブル)。 Type X リビング,TP1 などを担当

岩井さん2マーケティング担当の岩井さん。Type U,Type T,Type Z,Type P を担当。Pのイベントでもお世話になりました。



今、作りたいものを作ろう。※まずはゲリラ的に


林さん3 ソニーでウルトラモバイル系VAIOの開発をまとめている3人(P担当の鈴いちさん,Z担当の林さん,Tシリーズの鈴まささん)で話をして、『バイオは今でもとんがった商品としてお客さんから認知されているのかな?』『505 Extremeの頃のように突き抜けた商品を作っているか?』『本当に他社と比べてダントツか?』といった話から始まりました。

505と林さん

『VAIOのワクワク感が昔よりも落ちているんじゃないか?』という議論に落ち着きました

本当に持ち歩いて使える紙のノートのようなPCを作りたい。今までのノートPCって全然ノートブックじゃないよね。本当のノートPCを作りたいよねと。ということで今回チャレンジしています。これまでも 505や505 Extreme で挑戦してきているけれど、本当に持ち歩いて使ってどこかにお客様へのいいわけが残っているような気がして、今度こそ完成品に達したいなということでこのプロジェクトがスタートしました。

実際の紙のノートで説明する林さん


その中で僕らが設定したターゲットは、『軽くて薄いだけじゃだめじゃないか?』、軽くて薄い商品が、持ち歩いて使ってもらうために何かを捨ててしまっては、お客さんががっかりしてしまう。今回はそれはやりたくないよね。軽くて薄いうえに持ち歩いて使ってお客さんががっかりしてしまう要素は絶対に止めよう。バッテリが満足行くこと、部分的な薄さではなくフルフラットで薄くしようと。きちんと使える大きさ11.1インチの液晶。
※11.1インチはVAIOが最初にカスタムで使った液晶とのこと。

最後に外出先で使うユーザーが困るような処理はしない。今回の想定にはビジネスユーザーがあるので、客先でVGA接続コネクタを忘れてプレゼンができないとか、出張先でイーサーネットの接続コネクタを忘れてメールが取れないということは決して起こして欲しくないなということで。
どんなに薄くしても、何かを介してインターフェースをつけると言うことが無くて直づけできると言うことがこの商品のコンセプトとして譲らないと言うことでスタートしました。

林さん3そういう商品を作ろうと思った裏側には、今がすごくいいタイミングというか、今ならできるという確信がありました。1つはATOM Z シリーズというアーキテクチャ。インテルさんのCPUのロードマップはプロセスをシュリンクして、シュリンクした部分の余裕を使ってパフォーマンスを上げていくというスタイル。モバイルのCPUとして使うにはオーバースペックだなぁと思っていました。ATOM Zは他のそういったラインとは異なるもので、絶対にこれは使わなければならないと思っていました。

もう一つ、ZやTやPなどのモバイル製品を作っていく上で、外部のメーカーさんとの共同開発でいろいろな技術を蓄積しています。例えばカーボン。これもメーカーさんがカタログ上で持っているものをチョイスして使っているものではなく、数年がかりで、この時期にこういう特性を持ったカーボンが絶対に欲しいから、そこを目指して一緒に開発しましょうと。共同開発を繰り返してどんどん進化させて使ってきているもの。長い年月をかけてメーカーさんと共同開発している部品がそろってきました。例えばLCDもそうなんですけど、我々が使っているLEDバックライトの液晶は薄くて軽くてスタミナもよくてしかも高画質なもの。完全にカスタムでメーカーさんと長い時間をかけて共同開発してきたものです。

VAIO X カーボン1


最後にもう一つ、長野テックっていう生産工場が非常に大きな貢献をしています。中身が高密度なPCを作っていく上で製造のノウハウが非常に大事になってきています。設計者が設計して作れないものを作っちゃってもまったく意味がないので、製造ラインでいろいろな製造技術ノウハウを持っていることが、商品を作る上で非常に大きなウェイトを占めています。

VAIO X スケルトン

すべてのいろんな要素がそろったことによって、今ならノートのように気軽に持ち歩けるPCを実現できるんじゃないかと、ある程度確信して、このシリーズがスタートしました。

そして、もう一つ重要なのがソニーの文化ですね。本当に欲しくてそれが実際に説得力があるならば、自分で勝手にある程度設計を進めてしまって、それを提示してまわりを理解させれば、商品化できるという文化がずっとあります。これってかなりソニー独特の文化だと思っています。

正式にアサインされていないメンバーが定時の後に秘密で会議室に集まって『今の技術でどんなものができるか』『どういうものが作りたいのか』という議論を重ねてできあがったのがこのモックですね。
モックを手に取る林さん

設計セクション内でこっそり動き始めた秘密プロジェクト、設計だけではやれることに限界があって、ある程度以上進めていこうとすると設計以外の部署の助けが必要。まだ正式に動ける状況ではなかったので、一緒にウラで動いてくれる同士を募ろうとして、呼び出したのが商品企画担当の星さん。

次は商品企画にコンセンサスを得るのだ。※まだゲリラ的に


星さん林さんが秘密プロジェクトで何かやっていたことはぼんやりと知っていたものの実物はみていませんでした。実際のモックを見たときはびっくりしました。本当にこんなモノが作れるのかな?。そのとき Type T を使っていたのですが、Tの横に置くと半分しかありませんでした。モックにはディテールが何もなく、端子は入るんですか?と聞くと、『うちのエンジニアがやるから大丈夫です。入ると決めているんです。』と言われてしまって。

VAIO X モック3

たしかに、まだ端子はありませんね…


そもそもロードマップ、ラインナップ戦略をやっているときに『聞かないようにしようと思っていた』ものをモックで見せられてしまい、『あぁ、なんかできちゃっているどうしよう』っと。岩井さんや日本のマーケティング担当に『こんなモノができあがっちゃってて、みんなが待っていたモバイルだよね』と口説いて回るという。

VAIO X モック

岩井さん3これを見たのは Type T のTTを発売するかしないかという時期で、内緒のプロジェクトのハズなんだけど、もはや公然の秘密でうすうす聞いていました。出てきたらどうしようかと思っていました。個人的に VAIO Note 505や 505 extreme を自腹で買ったくらい薄型のノートは大好きでした。モックを見たときは『これはきちゃったな』と。でも、光学ドライブなしのノートは、最初すごく売れるんだけど、その後なかなか売れなくて苦労したこともあって。個人的にはすごくうれしいし欲しいんだけどどうしたもんかとすごい悩みました。

VAIO X モック2

星さん 『岩井さん、大丈夫だからぁ』と全然、合理的ではない話で半ば強制的に『なんか考えて』と。で下準備をしてどうやって正式にスタートさせるかと戦略を練って。


お偉いさんのOKとらなきゃ。なんとしても通す。


林さん3で、チームとしてようやくいろんな要素が集まって本格的に進める体制ができそうだと言うことで、『なんとか商品化させて欲しい』とついにできあがったモックアップをトップマネージメントに持って行っていきました。
モックを見せながら、『これが僕らエンジニアの夢で、11インチだけど、13.9mmで重量も600gを目指します。長時間バッテリ9時間駆動して、でVGAもLANのコネクタも入れます。』 最初は『本当にできるのかと、何言ってるのかと』なかなか信じてもらえなくて。
『これはできるし、やらなきゃいけない商品です』と訴えて、最後には『本当にできるのか、できるのならやってみろ』と言われてめちゃくちゃうれしかったのを覚えています。

星さん実際には、かなり時間も労力も要して。モック見てもらって『こんなモノができる』と知ったときに『やりたくなってしまう』というところにに賭けようということで。実際にモックを見せて、持ってもらって、『どうしてもやりたい』とみんなに思ってもらうように。手にとって『こんなに感動するものか』と実感してもらって。

で、なんとか正式にプロジェクトとしてスタートすることができたそうです。デザイナーの森澤さんはこの後たくさん出てきますよ。

VAIO X エッジの処理


…つづく

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

Sony Style(ソニースタイル)


【関連記事】
VAIO X先行体験会。開発者の生トークは熱かった(2)

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。