スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日立、小型HDD撤退・富士通は参入断念

日経の記事

日立製作所子会社の日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)は小型ハードディスク駆動装置(HDD)事業から撤退する。来年夏をメドに製品出荷を停止。富士通も計画していた小型品の参入を断念する。同HDDは携帯音楽プレーヤーやビデオカメラなどデジタル機器に搭載されているが、最近では大容量化と低価格化が進む半導体のフラッシュメモリーに置き換わっている。日立などは成長が見込める中大型品に経営資源を集中する。


あぁ、やっぱり。

最近、話題の多いHGSTの動向をしばらくWatchしてみたいと思います。

当ブログでは12月21日付けHGST売却の記事で小型HDDはSSDに移行しているのにHGSTは次の手が見えていないことを指摘し、心配しておりましたが。

12月21日の情報で日立とSamsungはHDD特許でライセンス契約を結んでいますが、これはお互いに提訴していた事項で和解したのであって、HGSTからSSDが出てくるという具体的な発表はまだありません。

成長が見込める中大型品に経営資源を集中する。

このカテゴリーって成長が見込めるのでしょうか?



comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。