スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ WiMAXの初期不良時の対応

Aterm WM3300R を初期不良対応で交換していただいた話を書きました。

UQ WiMAX は端末に契約情報が書かれてしまうので、初期不良交換も大変かと思いましたが、実際はそんなことはなくスムーズに対応していたけました。このときの話を書いておきます。

今回はMVNO業者は使わず UQ WiMAX 本体と契約しました。年の瀬の12月31日ということでまずサポートに電話が繋がるか不安でしたけれど、通常と変わらずに業務を行っていました。(ちなみに別件で電話したNTT 116は繋がらず・・・)

契約した端末がどうもおかしく販売店で初期不良対応で交換してもらえることになった旨を UQ WiMAXのサポートに電話で伝えたところ次のように教えてもらえました。


  • この電話で現端末の契約を破棄する。
  • 現端末での通信分(昨日一日分)は一切課金されない。
  • 最低契約の30日間を満たしていないけれど契約破棄は問題ない。違約金も発生しない
  • 新しい端末を入手して、通常の手順で契約してくれればよい


とのことで、販売店で入手した他社製端末であっても、UQ WiMAXサポートの初期不良対応は心配しなくても良さそうです。



【関連する記事】
2009-12-31 Aterm WM3300R。使えないかな
2009-12-30 ひさしぶりに WiMAX。Aterm WM3300R を購入。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。