スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

到着しました ThinkPad X100e。

工場変更などで納期が遅れていた ThinkPad X100e が昨日、届きました

なんだかんだでこれまで触れず。アンドロイドもいじっているんで今週忙しくなりますね。


到着しました X100e



CTOの開始とともに中国からの発送になって、通常の箱の上にさらに外箱をかぶせて発送されていました。
→参考:Thinkpad X200s 到着

けれど、今回のX100eは(日本国内から発送されていた頃のように)通常の箱で送られてきました。

コストダウンのため最近のThinkPad はこうなのか、X100eのような廉価モデルはこういう風になっているのかはわかりませんけれど、管理人的にはあの外箱は無駄だなぁと思っていましたので、これは大歓迎

箱を見る限り普通の ThinkPad ですね。


今回のカスタマイズ内容はこんな感じ。

オーダー構成


1月6日オーダーにも関わらず、他の皆さんよりさらに納期が遅れた理由はおそらく『3セルバッテリ』。

X100eでは割と重要なカスタマイズ内容と思われるボディーカラー(ヒートウェーブ・レッド)はこのシートには書かれていない?。不思議。

レノボ・ジャパンでの問い合わせでは『1月30日に工場を出荷した』ときいていましたが、どうやら26日には工場からは出ていたように見えますね。製造日は1月24日。Manufactured for Lenovo。

このX100eの製造日は1月24日


出荷は26日


出荷工場は『上海』という認識であっているのでしょうか?
それともレノボの普通の建物の住所なのでしょうか。X200s のときは製造会社のアドレスでしたね。


X100e の出荷は上海からですか

・・・ということで、開けるまでが長い。私です。これから、開けます。


【関連する記事】
ThinkPad X100e レビュー ファーストインプレッション(1)
ThinkPad X100e レビュー ファーストインプレッション(2)

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。