スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新色ブルーが追加。 X100e インテル PinewView版が出てくる模様

Engadgetなどで、ご存じかもしれませんが、X100e に インテル PineView 版が追加されるようです。
Lenovo US の Overview - ThinkPad X100e ページにN450版の記述があることを見つけたとの NetbookNews.de の記事が元記事のようです。

さて、この件、午前中に Twitter でつぶやいたら、この PineView 版 X100e について保守マニュアルにいろいろと載っていることを教えていただきました。(ありがとうございました。)

X100e キーボード

そんなわけで、X100e 日本語保守マニュアルをチェックしてみましょう。

保守マニュアルでみる インテル版 X100e


ということで、この N450搭載の X100e について保守マニュアルからわかることを観てみましょう。

まず、PineviewでこのPDFを検索すると 日本語版保守マニュアルでは P.123が引っかかります。

60Y5709.png

インテル版 X100e の型番は 3507-CTOであることがわかります。システムボードは60Y5709。
(ちなみに今出ている X100e は 3508-CTO。)

次に 3507-CTOで検索してみましょう。同じくP.123をみると3507-CTOはAthlon版もあるようです。

X100e 3507-CTO

Pl.129に興味深い記述があります。ベース・カバー・アッセンブリーの色が青色となっています。

3507専用バースカバー

液晶は10.1型となります。どうやらの10インチのローコスト版?が準備されていて、そちらにはインテル仕様もあるということのようです。

3507は10.1インチ

ThinkPad mini 10 と ThinkPad mini 11 というものがX100eとともに FCC に載っていましたが、X100e の 10インチ版と11インチ版の別名だったのではないかという気がします。

ついでにデュアルコア版について



AMD Athlon Neo X2 L335または、AMD Turion Neo X2 L625となるようです。
型番は 2876-CTOと3508-CTO。デュアルコア版は11インチのみのようですね。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。