スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO Z(Z11)到着。よいものでした。

予定通り昨日、3月6日到着です。

それで今まで何をやっていたのかというと、RAID0 アレイが構築されたQuad SSDをどのように構成して使うかを決めようとストライプ値をいろいろといじっていました。

RAIDのストライプ値とは何か?というとディスク1台につき、何Kバイト単位でデータをSSD(またはHDD)に振り分けていくか?ということでよいと思います。

デフォルトは128Kなので、4台のSSDでうまく並列処理してもらうには512Kくらい一度に書かれるのがよいはずです。これってちょっと値が大きいのではないか?
この値を調整することにより自分の使い方にあったディスクアクセスができるようにできないものか?

管理人の場合はコンパイラやWEBブラウザの利用が多いので、コンパイラの中間ファイルのアクセスやブラウザのテンポラリファイルのアクセスが早くなるようにふっていきたいわけです。

このストライプ値を変更するのは一度 RAID アレイを削除してから再構築、SSDの中身は全部消えてしまうのでリカバリして再セットアップが終わってから、やっとテストできるというわけで、16K,32K,64K,128Kと言った設定値を一通り試すのにはとっても時間がかかりました。(何回リカバリしたんだか。)


RaidVolume削除

2日間にわたって、この辺の設定をいじり倒してみたのですが、CrystalDiskmarkあたりではストライピングサイズ変えてみても、ベンチマークは大して変わりません。データとれないとネタにできないし、どうしようかなぁと困っている次第です。

そんなわけで、今回の記事はかなり薄めです。デフォルトのRAIDのストライプ値は128KBytesなのですが、『このほうが実性能はよいはずである。』という予測の元、ストライプサイズを16Kで使っています。


軽いではないですか



で、RAIDの調整でハマってましたという話だけでは申し訳がないので軽くインプレッションを。

ちなみに管理人の買った構成はこんな感じ。

Core i7、Quad SSD 256GB、BDドライブ、FHD液晶、Sバッテリ、プレミアムカーボーン。
バックライト付英語キーボード。4GB。WiMAX。Felicaなし。ノイキャンなし、カメラなし。

管理人初の13インチ機。

上記の強烈スペックで 1.42Kg(実測)。なかなかのもんです。恐れていた仕上げの品質とキーボードのチャタリングは全く問題なし。キーの間隔は広すぎでちょっと打ちづらいですね。同じアイソレーションキーボードのX100e と比べてみました。

VAIO Z アイソレーションキーボード X100eアイソレーションキーボード

もうちょっとキーを大きくして隙間を狭くしていただいた方が使いやすいと思います。ソニーでもZ以外はここまで隙間が広くないので、なぜこのようにしているのか、いささか不思議なところです。

さて、X100e と比べてみるとキータッチ、キーそのものの出来 はX100e の方が圧倒的に良い!ということになります。ストロークも深いし形状も手になじみます。

しかし、配列はVAIO Zの方が好みです。特にDELETEキーの位置やカーソルキー周り。



次に恐れていたファンノイズ。


これは管理人が使っている X200s とあんまり変わらず。普段は静か。でも、ぶん回ればそれなりにうるさい。
(ただし、耳障りにならないように音質には気を使っていると思いました。)
で、これもX200sでやった対策と同じ対応で乗り切ることにしました。うるさいと思ったらファンを回さずにすむように設定変えればいいやっと。

たとえば出荷時の設定だと、GPU切り替えスイッチをSPEEDモードにしたら、グラフィクスは外部GPU、CPUはマックススピードとなる設定なんです。CPUの電源プランを変わっちゃうとさすがにファンノイズも大きくなりやすいので、これは CPU速度設定は"バランス"でいくように設定変更しました。



VAIO-Z スピード高パフォーマンスVAIO Z スピード バランス
デフォルト設定:GPUをSPEEDに切り替えるとCPU電源プランも[高パフォーマンス]に切り替わる設定変更:GPUをSPEEDモードに切り替えてもCPU電源プランが[バランス]となるようにした。

これでもうるさいと思ったら電源プランを変更して CPU スピードも遅く設定(80%くらい)に設定しています。

Quad SSD RAID0



管理人はランダムアクセス性能重視でストライプサイズ16Kに変更したせいか?
(128Kであまり長く使っていないので正確なところはわかりません。ストライプサイズは関係ないかも)

ISOで納めておいた Visual Studio 2008 のインストールが数分で終了!。

インストールにかかった時間は計測していませんけれど、5分かかったろうか?。とにかく今まで経験したことのない極めて短い時間でインストールが完了してしまいぶっ飛びました。Quad SSDは使える!と思います。。

初日と2日目の印象としては、この程度。いつもの新機種レポートよりも少ないけれどここまでです。

comment



No title

VAIO Z到着しましたか。
結構いいですねえ・・・
なんか週刊アスキーでT410sは4月に受注再開、しかもNVIDIA NVS搭載は未定と書かれてしまってる以上、Zに物凄い勢いで惹かれてるところです
気になるフルHD液晶はいかがでしょう?
あちこちで人を選ぶと書かれてるもので…

Re: No title

たしかに、VAIO Z のFHD液晶は人を選ぶでしょうね。
120dpi設定にして使っているとちょうどいい感じ。96dpiでは見づらいときがあります。インストーラの文字が小さすぎたり、ブラウザの表示もきついときがあります。

IEやFireFoxでCTRL+"+"を使うことは結構ありますね。

できれば店頭や銀座のソニービルで1600x900の液晶と1920x1080液晶を見比べてどちらを選ぶか決められた方がいいと思います。僕はいまのところ満足しています。

VAIOはラフに扱えないところがあるので、T410sの方がいろいろと楽だろうとは思いますね。
やっぱり絞ったタオルで拭けるThinkPadはよいなと思います。

No title

はじめまして。田中と申します。

vaio type Zの購入を考えているのですが、耐久性とビジネス用途の使用に関してお伺いしてもよろしいでしょうか。

使用用途は新幹線、特急等の電車内、航空機内、喫茶店、自宅内と主にモバイル用途として使う予定です。
膝の上に置きながらの使用もしますし、起動させたまま歩いて移動したりなど、割とラフに扱うよていです。
現在使用しているモバイルは割とハードに使っており、約800g~1.0kg以上の書籍と一緒にブリーフケースに入れて持ち歩いています。


Vaioにはデザイン重視で繊細(悪く行ってしまうと華奢)といったイメージがあります。
デザインが魅力的に感じ購入を考えているのですが、上記のような比較的ハード(?)なビジネス用途にVaiotype Zを使用することは難しいでしょうか?

Re: No title

どうでしょう。

僕がVAIO はラフに扱えないと思うのは主に傷がつきやすいというところですね。
(もちろんThinkPadと比べての話です。)

壊れ安いであろう部分はバッテリのつく部分。店頭でバッテリーを外したものをみてみるとわかりますが、ここがかなり薄いんですね。

(ThinkPad とちがって)わりと店頭においてあるので、触ってみて結論を出せばよいと思いますよ。

余談ですけど、今日、仕事で旧Zを使ったのですが、カードスロットがダミーカード式ではなくふたがついていたり、イーサーネットポートにふたがあったりと結構びっくりしました。この新型、旧型よりコストダウン考えてますね。おかげで金属ではなく樹脂の部分が増えているので前のZよりはラフに扱えるんじゃないでしょうか。
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。