スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のThinkなリンク。W510レビュー(2)ほか

ThinkPad W510 review(NotebookReview.com)

評価機はW510のFHDマルチタッチ液晶モデル。
Windows 7 64bit。Intel Core i7-920XM 8GB DDR3-RAM
500GB 7200rpm HDD
Intel 6300 802.11AGN
NVIDIA Quadro FX 880M with 1GB DDR3

デザインの変更。前世代の15inch ThinkPad と比較してW510はデザイン微調整を行いました。ヒンジ、スクリーンベゼルの幅は左右対称になっています。

ボトムカバーは2つありますが、一つはHDDとRAMスロット3,4、もう一つはワイヤレスカードとRAMスロット1,2となっています。

FHDパネルの品質はよいようです。このレビューでは X200 Tablet のちょうど下にランクするようです。タッチスクリーン層があると水平視野角は70度くらいになるようです。
マルチタッチ面は使いやすく、軽いタッチにも反応します。2本指スクロールも可能。前から見ている分には指でタッチしてもLCDのゆがみは見えません。

70ドルのHueyProオプションの効果はなかなかのもの。

スピーカーはビジネスノートの平均品質。コンシューマー用のマインストリームには劣る利ます。ピークのボリュームレベルでは中くらいの部屋で聞く分にはよい音量となるようです。低音と中音は弱くいようですが、これはノートブック型では一般的なもの。

W510のキーボードはタイプしやすく、一般的なThinkPadキーボードの評判に従います。強くタイプしてもたわみはないとのこと。

タッチパッドはマルチタッチに対応。

Lenovoice vol. 3(Yamato Thinking)

Lenovo Voice なんてものがでているとはちっとも知りませんでした。

Lenovo Voice はT400sでのキーの大型化にまつわる話がなかなか興味深いと思いました。あぁ、やはり、社内でも意見が割れたんだなぁと。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。