スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X100e に 3G WWAN(Gobi 2000)を内蔵する

日本では 3G WWAN カード入りのThinkPad は現在CTOで買うことはできませんが、もともとThinkPad は 3G WAN に対応しています。USでは普通にレノボ・ダイレクトで3G対応モデルを買うことができます。

3G WWAN カードは日本では単体入手も難しいようですが、e-bay などで入手することはできます。今回は Twitterでよさそうなものを教えていたいたので買ってみました。Gobi 2000(60Y3183)レノボ純正品です。

60Y3183 Gobi2000ネジつき


保守マニュアルによるとこの60Y3183はGPS機能もついているようですが、今回は3Gのみ試しました。

X100e 保守マニュアルの画面


例によって装着は簡単


実際にやってみてあまりに簡単で驚きます。元々 X100e は Gobi 2000 に対応しているから当たり前なのですが、なんとも、あまりに至れり尽くせり。やることは

  • フタを開ける
  • アンテナケーブルを取り出してカバーを外す
  • カードを装着する
  • ケーブル2本を 60Y3183 に装着する
  • SIMカードを装着する
  • フタを閉めておしまい。

まずはGobi 2000 カードを X100e 本体に装着します。(フタの開け方、開けたときの全体図はこちらで→X100e のハードディスクを換装、SSD化。)

X100eに装着するためふたを開けたところ

X100eのアンテナ(カバー付)

X100eのアンテナ(カバーを外したところ)

60Y3183装着



次にSIMカード。これは本体側に装着方法が印刷されています。

X100e SIMスロット

SIMを入れているところ


装着完了。

ハードウェアの設定はこれだけ。アンテナは内蔵されているしSIMカードスロットはつながっているし非常に簡単。
管理人は撮影しながらなので結構時間かかりましたけど、普通は10分もあればできるでしょう。


ThinkPad X100eにgobi 2000とSIMを装着したところ


次はドライバを入れる


標準状態では Windows 7 から認識されませんがこれも純正品と言うことで簡単。
USレノボでドライバ拾ってきて入れるだけ。ドライバーのインストール画面は日本語化されていました。

ThinkPad Wireless WAN (UNDP) Driver for Windows 7, Vista and XP(Lenovo US)



Gobi 2000 ドライバダウンロード



Qualcom Gobi 2000 インストール完了画面


WWANカードをインストールするとFn+F5キーで現れる画面はこんな風に変わりました。3G WWANとWiFiは排他使用となります。

ワイアレス機能画面でもWWANが現れている画像



管理人はThinkVantage Access Connection はあまり好きではないのです。しかし、今回はこのTVACなしで1から設定を行うことは出来ませんでした。

ソフトバンクのSIMでのAPNは、アクセスインターネットがデフォルト設定。iPhone のSIMなどではAPNの設定が必要になります。まぁ、この辺はググれば出てくるでしょう。


Gobi2000で接続完了の画面


今回はソフトバンクのSIMを使いましたが来週は b-mobileSIMが届くのでこれでも試してみたいと思います。

ということで、管理人は簡単作業でつながる ThinkPad X100e で3G WWANカードを試してみたわけですが、もっと難しいことにチャレンジした方もいらっしゃいます。X200sにGobi 2000 を内蔵する。→これで最強? - 後ろに向かって前進

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。