スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICONY,ALPS,NMB 写真で比べる全メーカー製キーボードパーツ 2010

ThinkPad T/Wシリーズ用は3つの部品メーカーが作っています。チコニー、アルプス電気、ミネベア(NMB:Nippon Miniature Bearing)の3社であるようです。

昨年に続いてT400s以降のT/Wシリーズ用の新型キーボード(DELETEキーが大型化したタイプ)をすべて集めてみました。今回は3種類とも英語キーボードです。

CHICONY製キーボードはThinkPad T400sについてきたもの。ALPS製はThinkPad W510についてきたもの。そして NMB製は eBayでパーツを落札したものです。なお、レノボダイレクトのCTOでもキーボードの部品メーカーまで指定して買うことはできません。(もちろん日本語・英語のレイアウトの指定はできます。)

そのとき工場に在庫のあるものが製品に使われて出荷されるのだそうです。


全メーカー製 T400s用キーボード


以前コメントで教えていただいた見分け方も書いておきました。
写真はクリックで拡大します。(以前ほど大きくありませんけど)

やはり、表から見ても違いはほとんどわかりませんが、パンタグラフの構造、裏板の穴のあき方などは違っています。いちばんはっきりと見分けるのはキーボードを外して裏側のラベルを見るのが一番確実なようです。

CHICONY製:P/N 45N2106 FRU 45N2071



CHICONY-45N2141-45N2071.jpg
CHICONY-45N2141-45N2071パンタグラフ1CHICONY-45N2141-45N2071パンタグラフ2
CHICONY-45N2141-45N2071-裏側CHICONY-45N2141-45N2071裏穴
CHICONY-45N2141-45N2071ラベル
裏板のラベル made in china の文字が小さい。



ALPS製:P/N 45N2036 FRU 45N2071



ALPS-45N2036-45N2071.jpg
ALPS-45N2036-45N2071パンタグラフALPS-45N2036-45N2071パンタグラフ2
ALPS-45N2036-45N2071-裏側ALPS-45N2036-45N2071裏穴
ALPS-45N2036-45N2071ラベル
裏板のラベル大きく ASSEMBLED IN CHINA のプリント。



NMB製:P/N 45N2176 FRU 45N2211



NMB-45N2176-45N2211.jpg
NMB-45N2176-45N2211パンタグラフ1NMB-45N2176-45N2211パンタグラフ2

NMB-45N2176-45N2211-裏側NMB-45N2176-45N2211裏穴jpg
NMB-45N2176-45N2211ラベル
裏板のラベル MADE IN CHINA の文字が大きい。


キータッチの違いはあると思いますが、全部同じマシンにつけてテストしていませんのでコメントはできません。


【関連する記事】
3メーカー製 ThinkPad用 キーボードを比較してみる(旧T/Wシリーズ用)
各メーカー製 キーボードを比較する。ThinkPad X200/X201用

comment



CHICONYの見分け方

CHICONY製のものはT500用(旧世代)だとThinkVantageボタンがあるあたりの裏面に「CHICONY ELECTRONICS」と書かれていて見分けることができます.新世代もそうなのでしょうか?

No title

T4x0系のキーボード、T60/61に流用できそうですかね??

Re: CHICONYの見分け方

>shさん。
今回入手したロットでは記載がないようです。

>つじさん。
型がぜんぜん違うのではいりません。
http://thinkpadblog.blog96.fc2.com/blog-entry-1019.html
で裏面から見た写真を比べていますので良かったらどうぞ。

No title

>つじさん
Macotishさんとこの実験によると電気系のコネクタ自体は互換性をもってるようなんですが
底板やねじ穴位置がちがうので流用はできません
新型はねじ穴2つあるし><

No title

ありがとうございます。
やっぱり無理ですねe-441

No title

いつも拝見しております。
KB記事は毎回非常に参考になってます。

今回のKB3種につきまして、タッチにつきましては
ベースモデルが違うということで(ポジションも変わりますし)
コメントされてませんでしたが、
KB単体の「しなり具合」に違いは感じられませんでしょうか?
それぞれ肉抜き穴の形状が違うので、(非常に乱暴ですが)
うちわの様にぺなぺな振りますとしなり具合(=たわみ具合に連動)がわかります。
以前のT500シリーズなどのKBでは、ミネベアのものが
一番しっかりとしてた感じがしました
(T20の時代まではALPSが一番だったと思います)。
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。