スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X201 Tablet レビュー。スペック&液晶ヒンジ編

ちょっとずつやっていくつもりが、週末まとめてになってしまいました。ThinkPad X201 Tablet です。
長期間にわたってTablet PCを使ったのはじめてですがなかなか新鮮。このX201t はただのコンバーチブルタブレットPCではなく、マルチタッチ液晶も搭載していて使い方次第ではいろいろ遊べそうです。

DSC_5547.jpg

もうちょっと長く貸してもらえるとマルチタッチ対応のアプリもいくつか試せたかと思いますが、タイムオーバーとなりました。

軽くマシンのスペック的なものを見てみます


まずはマシンのスペックを確認しつつ軽くベンチマークも走らせてみました。

X201t CPU

CPUは Core i7 L640 2.13Ghz。デュアルコアにハードウェアスレッド。なかなか強力。Xシリーズでこんな画面は管理人には未体験ゾーンだったのでデバイスマネージャのスクリーンショットを撮ってみたところ。


X201 Tablet CrystalDiskMark

ディスクは5400回転のHDDでした。今回はあんまりヘビーな使い方はしなかったんですが、正直ちょっと物足りないことがありますね。CTOされる場合は7200回転のものを選ぶと良いと思います。


X201t 3dmark06

3D Mark 06 も計ってみました。この手のマシンでそれは意味がないのではないか?と思われる方もいることでしょう。管理人はそうでもないなと思っています。というのもレノボの様々なバンドルソフト、これWPF使ってますよね。ちょっと重い。起動時間も重いけれどフレームレートが低いのもちょっと物足りないなと思っているんですね。

で、このWPF。 GPU の性能で快適度に差が出ます。管理人は最近、WPFでちょっと重めのアプリを書いてて実際に試して見たんですが、GPUの性能で全然そのアプリの快適度が変わるんですよ。(参考:WPF グラフィックスの描画層 - MSDN

こういったコンパーチブルタブレットやマルチタッチ液晶PC用のカスタムアプリやら業務用アプリ用にWPFの採用は増えていくような気がします。最新のものは知りませんが、ちょっと前に触ったソニーのGigaPocketなんかもWPFでした。

T410sでスイッチャブルグラフィクスが載りましたからXシリーズでも次は是非載せて欲しいなぁと軽くアピール。

外観を軽くチェック


次に外観。管理人のもっともお気に入りのThinkPad。X200s(超初期ロット)と比べながら…。
上がX200s,下がX201tです。

DSC_1353.jpgDSC_1352.jpg
DSC_1350.jpgDSC_1349.jpg

DSC_1378.jpg



重ねてみると一目瞭然なんですが、レイアウトはほとんど同じなのにちょっと大きくなっています。これはもちろんこれはすべてコンパーチブルタブレットPCとして180度回転する液晶をのせるため。




下から見てみるともっとよくわかるかも。
前面部分はX201 tablet と X200s はとてもよく似ていますが、後ろの部分は大分違います。

DSC_1333.jpg

バッテリも互換性がありません。上がX200s、下がX201t用。

X201t用はバッテリの真ん中が空いています。

DSC_1336.jpg


このバッテリのへこみ(空洞部分)は180度回転する液晶のヒンジ部分を確保するためですね。バッテリを外して液晶ヒンジ部分を後ろからアップで撮ってみました。

DSC_1346.jpg


液晶ヒンジの強度は十分



ということで、コンパーチブル機能を実現させるためになかなか頑張っているようです。実際に意地の悪いテストをしてみました。こんな持ち方をしてみたんですが特に不安感はなし。写真がうまく撮れませんでしたけど完全に浮いた状態で液晶側を持ってみたところ。

DSC_1379.jpg


こちらの方がわかりやすいでしょうか。

DSC_1446-2.jpg

ということでX201tのヒンジが頑丈なことは割とサイトなどの情報で知っていたつもりなんですが、実際に自分で試したら、なかなかすごいもんだなと思いました。なお、動きもとてもスムーズでヒンジに関しては不満なし。

丈夫なヒンジギミックと引き替えに失ったもの。それは軽さ


X200 シリーズというと(ThinkPadとしては)軽量さがウリとなわけですが、このX201Tは主にコンパーチブル機能追加のために重量が増加しています。このPCの用途を考えたらやむを得ないものですが重さはT410s並。実際に持った感じもX200s から持ち変えるとずっしりといった感じです。

X201t 重量

今回は外に持ち出してのモバイルというのはしませんでしたけど、X201sなどと比べるとモバイル運用のハードルは高くなってしまいます。まぁ、これを買う人はその辺割り切っている方なんでしょうね。


comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。