スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X201 Tablet レビュー。液晶とタブレット編。

前回は主に液晶のヒンジ部分の話だったのですが今回はその他の部分をまとめて。


DSC_1439.jpg

液晶 X201 Tablet は割と良い感じ。(左はX200s)

DSC_1428.jpg

こういう写真載っけると新機種がよく見えるように調整していると思われることがありますが、そういうのはやってません。

ただ、露出計を使って厳密にあわせると言うこともやってないので、まぁ、参考程度に。
実際に見た感じはこの写真とまったく同じと言うこともありませんね。ちょっと極端に出ていると思います。
X200sは実際ここまで青くはないかな。X201 Tもこんなに赤くはないかな。

ただそれでも X201 Tablet の液晶の発色はなかなか良いと思うし視野角も優れていると思います。
実際に目にするとややざらついた感じはあります。表面処理のせいかも。

DSC_1432.jpg

DSC_1431.jpg


もちろん、解像度はX200s の圧勝。WXGA+ですから。

Visual Studio などを使う関係で割と高解像度液晶ばかり買っている管理人ですが、X201Tに関してはWXGAぐらいでちょうどいいかなと思いました。

この製品だと大手顧客の大量受注の比率は他のThinkPadより多目じゃないかと思うし、そういった場合はマルチタッチ液晶にデジタイザーペンを積極的に使って、WXGAくらいでこのPCに合ったUIを作る方が望ましいんじゃないかなというのが理由です。

タブレットPCモード



DSC_1369_20100821010742.jpg

液晶側にいろいろとスイッチが付いているし、指紋認証のセンサーもX200sなどと異なり、液晶側に付いていますけどすべてはこのタブレットモードのため。この液晶側のスイッチもサイズがちょっと大きくなったり重くなった理由の一つだと思われます。ちょっとごてごてした印象。

この形態のままで鞄に入れることも考慮されているようで、電源スイッチはロック付き。
他には画面のローテートボタンなど。


DSC_1370.jpgDSC_1371_20100821010741.jpg
DSC_1364.jpgDSC_1367.jpg



デジタイザーペンを使ってみる



マウスカーソルの普通の状態は(皆さんご存じの通り)こんな感じです。

X201t Cursor 1

これがペンを画面に近づけると自動的にこうなります。

X201t Cursor 2





期間限定の借り物のPCですから、インストールするソフトは体験版で問題なし。ということで迷わず Adobe PhotoShop CS5 体験版をダウンロードしてインストール。ちょっと使ってみました。


デジタイザーペンで線を書いてみたところ。

DSC_1387_20100820215213.jpg

書き始めは細く、だんだん太くなって離すときはまた細くなる線が書けています。絵描きさんが使えるレベルなのかどうか?管理人にはわかりませんけどなかなか面白かったですね。はじめて使ったもので。

今度は指で書いてみたところ。

DSC_1402.jpg

こちらは一定の太さの線になっていますね。

ペンの方が細かな制御が行えるようです。
さてソフトをWindows 7 標準のペイントに変えてみました。このアプリも実はマルチタッチに対応しているので、指で線を引いてみると2本同時に引くことができました。

DSC_1408.jpg


ためしに指3本でやってみたところ線が引けませんでした。これはソフト(PAINT)が対応してないせいか、ハードのせいかわかりませんでした。Windows 7 のAPIはもっとたくさんの指でのマルチタッチに対応しているはずです。



マルチタッチ液晶にはワコムの技術が使われているようです。ワコムもステッカー貼るんですねぇ…。

DSC_1443.jpg



X201シリーズから変わったことと言えば…


まずはタッチパッドが付いたことかな。

DSC_1360.jpgDSC_1361.jpg

右はX200s。

管理人はT400s 以降の広いタッチパッドは管理気に入っています。アップルの次くらいにいいかなっと。で、このX201tのそれは機能的にはT400s 以降のモデルに近いのですがやはり面積が狭い。もともと12インチと小さなX200シリーズ、載せる土台の面積がないんだからしょうがない。

DSC_1362.jpg

じゃぁ、狭いのは付ける意味がないか?…というとそんなことはないようです。

やっぱりどうしてもトラックポイントになじめないという方はたくさんいるわけで、管理人のツレにちょっと触ってもらったんですけど、このタッチパッドの方がトラックポイントより良いって言われちゃいました。狭くてもあんまり気にしないようです。

正直、私には全然トラックポイントの方が良いと思うんですけど、人それぞれ、そうなのか…とただ納得する次第です。

後はロゴ?


こちらは201からというより 200 シリーズの終盤からかな。

トップカバーから消えちゃいましたね。レノボのロゴ。
この方がすっきりしていて好きってひとが管理人のまわりには多いようです。

DSC_1372.jpg


ThinkPad X201 Tablet どうですか?


コンパーチブルタブレットPCというものをはじめて使ったことが大きいんだと思いますが、『面白い、良くできてるじゃん』と思いました。
管理人が低い解像度で使えるUIを作ることに興味があるからかもしれませんけどね。

ThinkPad共通のポイントだけど頑丈でラフに扱えるのも良いと思いました。今回は特にヒンジですね。
液晶に(やや?)うるさい管理人としても今回の液晶は納得できるものです。

CPUが強化されてちょっと心配していたんですが、動作音はかなり静かです。この辺は心配しなくて良さそうです。

Xシリーズどれかを試しに買ってみようとしてこれを選ぶのも面白いと思います。けど、重量はそれなりなのでどちらかというと『どう使いたい!』という目的がある方向けのマシンだと思います。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。