スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか使える。UltraSpeed(DC-HSDPA) 対応ルーター 007Zをレビュー

UltraSpeed( DC-HDSDPA )対応の 007Zを購入してみました。入手から1週間以上経ちましたので軽くレビューいたしましょう。

007Z と ThinkPad X220


ウルトラスピードって何ですか?

UltraSpeedって何ですか?ってところが、まずよくわからなかったんですけどソフトバンクがPDC用に使っていた1.5Ghz網の基地局を使って、DC-HSDPAで構築したサービスってことでよいみたい。従って普段iPhoneなどで使っている2GHzのソフトバンク網とは異なるものです。


ULTRA SPEED|ソフトバンク

iPhoneやスマートフォンはまだ対応していないから使っている方も少ないようで、めちゃめちゃ空いているですね。ケータイでは一部のガラケーが1.5GHz帯に対応している状況。

エリアの整備も現在十分ではないとのことですが、なかなかいいところまで進んでいるようで、都内ではWiMAXやLTEよりもつながりがよいんです。正直、(今のところ?)使える!。


ソフトバンクの1.5Ghz網が圏外なときはE-Mobileのエリア(たぶん、G4エリア)に切り替わるようになっています。実際に都心で使っているとイーモバイルに切り替わるのは主に地下鉄が多いと思う。地上では滅多に切り替わりませんね。

なお、エリアについてはソフトバンクのHPに案内があります。→ソフトバンク サービスエリアマップ

で、ソフトバンクの圏内に戻ってくれば自動的にソフトバンク回線に戻る....、はず、ですが戻らないこともしばしばです。イーモバのネットワークでも特に不満はありませんが端末がちゃんと動いていないと何とも納得しがたいものです。

挙動のイマイチな自動切り替えをオフにして、ソフトバンク、イーモバイルのどちらか片方だけを使うように設定することも可能です。Youtubeなど動画をみる場合はイーモバイル網を使った方がよいみたいですね。ソフトバンクは動画再生が途中で止まってしまいスムーズに再生できなことがあります。

エリアの使い分けについてはこちらのブログが詳しいので一度ご覧になることをお勧めします。

Ultra WiFi SoftBank 007Z の便利&上手な利用方法を考えてみた

料金は2年縛りで月3880円+ユバーサルサービス料14円。WiMAXと同等かと。たまに量販店でスパボ一括0円で売っていることがあり、これで購入できると毎月 1400円安くなり 2480円 + ユニバーサルサービス料となります。実は管理人もスパボ一括0円で購入しました^^;

 

 

外観を簡単にチェック

まるっこくてかわいい製品。スイッチは左右に分散していて、上下は何もありません。USB端子にフタはありません。

スイッチのクリック感はそれなりにありますが、操作した感じはあまりよくありません。

スイッチを押しても"押された感"のフィードバックをソフトウェアでフォローするような処理がないものだからイマイチ操作がうまくいっているのかどうか把握しずらいんですね。

xx秒以上押すと~が切り替わるという操作がいくつかあるのですが、その動作が確実でない上に、xx秒待たないと操作が受け付けられたかどうかさっぱりわからず、いらいらします。

実際に電源が切れたり、何かが切り替わる前に、まず、"操作を受け付けてた"ということわかるようにしていただきたいところ。画面の一部を一瞬反転させるなど何かしら反応させればよいのであまり難しいことではないはず。

 

USB接続、WiFi接続どちらでも使えるのが良いところ。

USB接続、WiFi接続両方で使えるのがこの製品のよいところだと思います。やはりPing値は重要なときもありますがUSB接続ならかなり改善されるようです。

世田谷の住宅地、室内でちょっとテストしてみたところ....。正直、この日は調子が良かったみたい。普段は上りが遅くてソフトバンク回線でも、100Kbps程度ということがよくあります。測定値は計るたびに違うので参考程度に見てください。

USB接続でのテスト

USB メイン回線(ソフトバンク 1.5Ghz)

ソフトバンク 1.5Ghz - 1回目
2回目

USBサブ回線(イーモバイル G4)

イーモバイル 1.5Ghz - 1回目
2回目

Wifi接続 メイン回線(ソフトバンク 1.5Ghz)

ソフトバンク 1.5Ghz - 1回目
2回目

WiFi接続 サブ回線(イーモバイル G4)

イーモバイル 1.5Ghz - 1回目
2回目

テスト結果ではUSBとWiFiではかなりの差がありますね。



スマートフォンでの結果も貼っておきましょう。測定時刻は割とすいている時間ですが、測定値は計るたびに違うので参考程度に見てください。上りはもっと遅いことの方が多いですね。

iPhone 4 SBM 1.5GHz iPhone 4 イーモバイル

iPhone 4との相性問題はなさそう

"iPhone と接続したときだけ遅いルータ"というのをたまに聞きますが、この007Zはソフトバンクが出している製品ということもあってか iOS機との相性問題はありません。

 

Galaxy S2 SBM 1.5GHz Galaxy S2 イーモバイル

Androidでも試してみました。ドコモのGalaxy S2 です。WiFi接続にかかる時間が非常に短くSIM抜きで運用していますが 007Zとの組み合わせで問題はありません。(余談ですが、Xperia arcはWiFi接続に時間がかかるためルーターと組み合わせるSIM抜き運用には向いてない様子。)

 

電源オンから使えるようになるまで。起動時間は?

30秒程度。ポータブルWiFiルーターでは比較的早い方かな。

 

バッテリの持ちは

最近、毎日持ち歩いて使っています。一緒に持っていくのはiPhone/Galaxy S2/PC/Macbook Airと言ったところで、これらを断続的にWifi接続してWebやTwitterを使うというのが多いですね。比較的ありがちな使い方ではないかと思います。こんな使い方でバッテリーの持ちは7時間程度。

途中で全く充電しないで稼働時間を計ってみました。

1日目

08:30 満充電にした状態で外出。

15:40 Low Battery 表示になったあと電源OFF

2日目

08:30 満充電にした状態で外出。

16:00 Low Battery 表示になったあと電源OFF

007Z と KBC-L2BS
eneloop KBC-L2BSからの給電/充電も問題なさげ。

 

USB接続しながら他の機器とのWiFi接続も可能

USB接続している最中であっても、他の機器からのWiFi接続が可能です。

Macbook Air にUSB 接続したまま、iPhone 4, Galaxy S2 をWiFi接続したところ。

ノートパソコンではUSB接続でなるべく高速でダウンロードしたいが同時にAndroidやiPhone/iPadでも007Zを接続したい、ということはあるでしょう。また、イベント会場や記者会見など人が多く集まる場所ではWiFiのチャンネルが足りなくてルーターに接続できないことがあるかもしれません。 007Zはそういったときに便利かもしれません。

ちょっと困ったことがあって、WiFi接続では、ときどき急にパケットが流れなくなってそのまま復帰しないことがあります。パケ詰まりに似ていますが、いくら待っても復帰しないというもの。発生の頻度はバラバラ。これが起きた場合の対処法はPC/スマホ側のWiFiをいったんオフにして、すぐにオン。再接続することで復帰できることが多いようです。しかし、再起動しないと治らなかったこともあります。

Galaxy S2 WiFiきりかえガジェット
ホーム画面のガジェットから、WiFi On/Offしてしのいでます。

 

実は2台の007Zを買ったのですが、手持ちの2台ともで上記の症状が起きるので個体のバラツキではなく、製品自体の問題の可能性があります。もし、そうであればすぐに直していただきたいですね。

007ZにWiFi接続している端末の数が1台でも複数でも上記の症状には変りがないようです。


設定画面、回線切り替えの使い勝手

設定はすべてブラウザーで行います。

007Z 管理画面 初期設定は http://192.168.3.1。USB接続の場合でもWiFi接続でもこの画面から設定します。データし放題エリア(DATA MAIN) - ソフトバンクの1.5GHz網に接続されていることがわかります。

 

007Z ログインしたところ

ログインしたところ。接続,切断。回線の切り替えなどの設定はログインしてから行う必要があります。

 

 

UIはとってもシンプルです。が、上記のメイン回線(ソフトバンク)/サブ回線(イーモバイル)の切り替えだけがややこしいのでこの部分だけスクリーンショットを載せておきます。(回線の切り替え、スタータスのチェックについてはAndroid用切り替えアプリもあるようです。)

大まかに説明すると切り替えは3ステップ

  • いったん回線を切断する
  • メイン回線/サブ回線を選択
  • 再び回線を接続する

 

回線に接続したままでは切り替えができないようになっているためまず切断します。

接続を選択

画面左側の接続タブを選択

 

手動接続にする

手動接続にして、切断を選択。適用を押します。

 

切断中の画面

10秒程度待たされます。

 

未接続状態の画面

切断完了。少々みづらいですが、右上のステータスが接続中から未接続に変わっていることに注目

 

接続する回線を選択

エリアセレクト画面
"設定"タブを押して"3G設定"を選択。

 

007Z手動選択画面

データ通信エリア選択で"待ち受けエリア手動選択"にして"適用"を押す。今回はデータし放題対応サブエリア(イーモバイル網)を選択。

 

 

再び回線に接続

 

接続を選択

画面左側の接続タブを選択

 

手動接続にする

手動接続にして、切断を選択。適用を押します。

 

切断中の画面

10秒程度待たされます。

 

未接続状態の画面

切断完了。少々みづらいですが、右上のステータスが接続中から未接続に変わっていることに注目

 

接続する回線を選択

007Z再び接続を選択の画面
再び接続タブに戻って、今度は接続を選んで"適用"。もしくは"自動接続"を選んで適用。

 

007Z 接続中の画面

再接続まで十秒程度待ちます。

 

007Z 再接続完了

再接続完了。データし放題対応サブエリア(DATA SUB)に切り替わって、ステータスが"接続中"になりました。

 

 

L-09Cと比べてどうですか?

管理人は、先日紹介したドコモのXiルーター L-09Cと一緒に持ち歩いてます。

次世代モバイルデータ通信の本命 LTEとおそらく過渡期の製品であろうDC-HSDPAという違いはあるし、製品の性質もやや異なっています。

やや重くなることを割り切って大容量バッテリを搭載し長時間駆動を目指したL-09Cと 手軽に扱えるようにとコンパクトに作られた007Zでは直接、比較されてもメーカーさんは困ってしまうかもしれません。

しかし、WiMAXからの乗り換えを狙っている方の選択肢としては高速4G?ネットワーク対応のルーターはまだ少ないこともあり、比較対象になりますかね。

 

L-09Cと比べるとサイズは圧倒的に小さくて扱いやすいところ、使いながら充電できるところが良いですね。月々の料金はXiに比べ圧倒的に安くエリアも広いし、使えるアイテムです。

ただ、動作の安定性はL-09C(LG製)にこの007Z(ZTE製)は負けていると思います。



ということで、たまに無反応になるというとか、スイッチの操作フィーリングが微妙とか問題はあるのですが今のところWiFiのOn/Offなどで乗り切れていることもあり毎日使ってます。

管理人の生活圏では圏外になるということもほとんどなく、(3Gよりも)高速で使えて、コンパクトで給電しながら充電できる、USB接続でも使える、ということでなかなか重宝しています。

2011/10/13追記 ファーム更新来てますね。あとでためそっと。 サポート情報 - ZTE Japan

 

comment



No title

すみません、007ZのSIMをL-09Cで使うことはできますか?
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。