スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T61pで高速SSDを使い倒す(3) 実用編

SATA3025032_Dual.jpgHDDとDVDを外して、2台のMTRON MOBI SSDを搭載した、ゼロスピンドル ThinkPad T61p。

SSDを買ってから、まだ、2週間ですが、Vista のSP1も入れてみたということで、実用編です。

まず、OSの起動時間、アプリの起動時間ですが、確かに速くなります。
アプリの起動時間は爆速です。
PhotoShop CS3、Softimage XSI など瞬時に起動します。

プログラマ的に重要なこととして、コンパイルスピードアップが挙げられます。
ただし、デュアルコア(Visual Studio2005 並行ビルド数が2)程度では、あんまり、おいしくありません。(プロジェクト数が、10個、それぞれのファイル数が30個程度の小規模のソリューションで試してみました。)

クアッドコアのデスクトップにつないで試したいところです。


ここ2週間の記事で、いろいろとトラブルは書いてきましたが、実はまだ解決できていない問題があります。
他のブログなどを検索しても同じ症状を見つけることが出来ないのは、VistaでMTORN MOBIを使っている方がまだ少ないからかもしれません。SP1を入れても症状は変わりませんでした。

・レジューム(スリープ状態からの復帰)でハングアップ
・Intel Matrix Driverを入れると起動時にブルーバック画面でハングアップ

以上です。



私はサスペンド・レジュームをほとんど使わないので、このまま T61p でSSDを使い続けますが、もし、サムソンの新型64GBなどが入手でき、うまく2.5インチにマウントできれば、即乗り換えて、もっと使いこなしの簡単な環境にします。トラブルのリンクは関連記事に貼りましたが、少々疲れました。
(MTRONではなく、マイクロソフト側の問題が原因というのもありましたが。)

MTRON MOBIをThinkPadから外したら、デスクトップにRAID0化してつないで、コンパイル用のドライブとして使いたいですねぇ。仕事の効率はかなり上がるはずです。

関連記事:
2008-02-17 サムソンが1.8インチ64GB高速SSDを量産開始
2008-02-09 T61pで高速SSDを使い倒す(2) ベンチマーク編
2008-02-05 unattend.xml:Vistaで Windows Update 失敗の原因解明
2008-02-03 T61pで高速SSDを使い倒す(1) セットアップ編
2008-02-02 SSDはやはり、MTRON MOBIを購入
2007-12-18 HDDベイアダプター 40Y8725 の性能検証

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。