スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBM 社内でのMac移行試験プログラムを実施??

結構長いので、超概略で…。



第一フェーズは2007年10月より、2008年1月までに行われ、24台の MacBook Pro が社内研究部門のいくつかで、リサーチャーに配布されたそうです。

なんと、社内で使われている Windows ベースの ThinkPad の置き換えとして Mac を評価しているようです。

参加者は ThinkPad も維持することを認められたそうですが、それは、Macでは利用できないソフトを使用するときに限られたそうです。

さて、参加者に ThinkPad と MacBook Pro どちらを手元に残すか?と聞いたところ ThinkPad をあげたのはわずか3名で、残りは Windowsも実行できる VMWare Fusion ライセンス付きの MacBook Pro を選んだそうです。

プロジェクトは一応の成功を見たようですが、2008年の前半に50人、2008年の下半期に、さらに50人から100人のMac ユーザーが加わって、この試みを続けるようです。

IBM launches internal pilot program to test migration to Macs(Apple Insider)



ThinkPad VS MacBookの比較は、ハードウェアの優劣ではなく、OSの問題でこういったことが行われたようです。

管理人も MacBook Pro と ThinkPad を使っていますが、どちらか一つを選びなさいと言われると困ってしまいます。
ただ、OSの好き嫌いの話であれば、Windows Vista よりも Mac OS 10.5 の方が気に入っています。

しかし… 仮にWindowsがだめだとしても、 IBM なら  LINUX じゃ??

追記:
米IBM、社内向けにマッキントッシュを試験導入(technobahn.com)

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。