スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad SSD 換装 Intel X25-M SSDSA2MH080G1

Intel X25-M
Read 250Mbytes/Secをたたき出すと評判の、Intel SSD X25-Mが今朝、届きましたので、早速、換装。人柱してみました。MTRON MSD-3000 からの乗り換えです。
ThinkPadの場合、換装作業自体は、超簡単で、こちらでやった方法のまんまです。特に気をつけることはありません。普通の SATAディスクの換装と同じです。微妙にディスクのスピードに影響するハードディスクアクティブプロテクションはインストールしていません。アンチウイルスソフトも、まだ入れていません。

今回から Cristal Disk Mark を 2.2 にしました。今までとバージョンが違うので単純に比較はできないのですが、作者さんが『使わないでほしい』というものを使うわけにもいかないかと。


IntelSSD_X25_M.jpg


で、気になるのは、数々のサイトで出ている、Read 250Mbytes/Sec なんて数値が、ノートPCでも出せるのか?ってことだと思うんですが、


IntelSSD_X25_M_T61_OnSysDrive.jpg


・・・やっぱり、!!ThinkPad T61p では、PC本体の性能が対応できていません。64Gの純正SSD 43N3400 よりもリードは、かなり速いですが、このSSD性能を生かすことはできていないようです。
SATA2対応ではなく、ただのSATAまで、なのでしょうか。

試しに、システムドライブではなく、ベイアダプタに入れてみます。



IntelSSD_X25_M_Bay.jpg


使ってみるとこんな感じ。さらに遅いです。


IntelSSD_X25_M_T61_OnBayDrive.jpg


昨年の記事で、このベイの性能も検証して、悪くないなぁと思っていたのですが、ハードディスクならともかく、インテルのバク速SSDでは、かなり足を引っ張っています。



さて、実際に使ってみて、体感速度は、バク速。文句ないです。PhotoShop CS3の起動時間。3秒ほど。4Kのリード/ライトが速くなったからだと思うのですが、自作ソフトのコンパイル時間が少々短縮されたのがうれしいです。

管理人は乗り換えてよかったと思います。


しかし、T61p世代のノートPCでは、性能をもてあましており、はっきり言ってもったいない。この世代のノート用に買うなら、パトリオットやOCZ の新型あたりの方が体感性能は大してかわらず、容量は 120 GBあるのでおすすめかもしれません。
他のノートPCでこの世代でも250Mbyte/Sec 出ているものがあるようです。なぜ T61p で 半分のスピードしか出ていないのかは、謎のままです(09/29 追記&訂正)

そんなわけで、管理人は 新世代の ThinkPadで X25-M がどんなもんか興味があります。
[10/11]
→やってみました(ThinkPad W500編)



【関連記事】
2008-10-25 43R1980 シリアルATAハード ディスク・ベイ・アダプターII を試す
2008-10-11 W500 SSD 換装 Intel X25-M
2008-02-17 T61pで MTRON SSD を使い倒す(2) ベンチマーク編)
2007-12-18 HDDベイアダプター 40Y8725 性能検証

comment



No title

>SATA2対応ではなく、ただのSATAまで、なのでしょうか。
T61pで使っているICH8は3.0Gb/s対応なので規格としては問題ないです。
何が違うんでしょうね?
ウルトラベイが遅いのはPATAだからというのがあるのでは。

なぜなんでしょう。

まったく、不思議です。

記事を書いてから、いろいろと調べ直してみたんですが、この世代ノートが全部250MBytes/Sec出せないって、ことじゃないみたいなので、記事を訂正しました。
フォローありがとうございます。
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。