スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源オプション ワイアレスアダプタ省電力設定の違いは?

電源オプションWindows Vista の電源オプション ワイアレスアダプタの設定って省電力度を高く(電力を低く)するとスピードが落ちたりするんでしょうか?

  • 最大パフォーマンス
  • 省電力(低)
  • 省電力(中)
  • 省電力(高)

とありますが、速度や感度に対する具体的な影響はどんなもんでしょう?。試してみます。




測定条件

Intel(R) WiFi Link 5300 AGN と WZR-AMPG300NH


Centrino 2 ロゴ管理人の手持ちの機材で一番、性能が高いと思われる Intel(R) WiFi Link 5300 AGN を搭載した ThinkPad W500 にワイアレスLAN経由で サーバーから 630 Mbytes ほどのバイナリファイルをコピーします。



無線LANのAPは WZR-AMPG300NH を使います。ワイアレスLANアクセスポイントと ThinkPad W500 の距離は 3m 。

4つの省電力設定それぞれで3回ファイルコピーを行い、転送時間とビットレートを表にしました。

最大パフォーマンス


  転送時間 ビットレート
1回目
60.89秒
86.68Mbps
2回目
65.15秒
81.01Mbps
3回目
71.87秒
73.43Mbps

リンク速度 240~300 Mbps


省電力(低)


  転送時間 ビットレート
1回目
70.67秒
74.68Mbps
2回目
66.14秒
79.79Mbps
3回目
63.21秒
83.49Mbps

リンク速度 210~300 Mbps


省電力(中)


  転送時間 ビットレート
1回目
61.76秒
85.45Mbps
2回目
63.96秒
82.52Mbps
3回目
66.39秒
79.49Mbps

リンク速度 180~300 Mbps


省電力(高)


  転送時間 ビットレート
1回目
77.20秒
68.36Mbps
2回目
75.30秒
70.25Mbps
3回目
76.97秒
68.57Mbps

リンク速度 120~300 Mbps


どうも省電力(高)以外は明確な速度差は出なかったようですが、リンク速度にはそこそこ差が出ていました。今回の実験では 省電力(高)設定でも、接続が切れることはありませんでした。

製品によって違う結果も


実は、実験する前はもっと差が出るだろうと思っていました。というのも、今回は問題ありませんでしたが、以前、ThinkPad T61p + バッファローの純正カード(WLI-CB-AMG300N)では、省電力(高)、省電力(中)、省電力(低)では接続が切れることが多々ありました。

製品の世代、MIMOアンテナの数などで WiFi Link 5300 AGN + ThinkPad W500 内蔵アンテナ のほうが有利と思われます。

BUFFALO 無線LANブロードバンドルータ AirStation NFINITI Giga Draft11n対応 11a&g&b WZR-AMPG300NH BUFFALO 無線LANブロードバンドルータCardBus用無線子機セット AirStationNFINITIGigaDraft11n WZR-AMPG300NH/P amazon logo
(※画的にあまりに寂しいんで貼りましたけど、決してお勧めしません)

→ 2008-01-27 無線LANカードではまり
→ 2008-01-30 またもや無線LANがおかしい





『ワイアレスアダプタ省電力設定』の確認をお勧めします


プリインストール状態では、 電源に接続していても 『省電力(高)』に設定されている製品があるはずです。

もし、接続が不安定な場合や、何となく速度が出ないなと思われる場合、ワイアレスアダプタのドライバを入れ替える前に省電力設定を確認しておくとよいかもしれません。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。