スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7 Beta 1をThinkPad X200s にアップグレードインストール

先日よりダウンロード解禁となった Windows 7 Beta 1 を ThinkPad X200sにインストールしてみました。今回はクリーンインストールではなく、Windows Vista からのアップデートインストールを試しました。

ThinkPad X200s Windows 7Beta

とっても時間がかかります


アップデートインストールに大きな問題はないようですが、なんと1時間以上かかります。(クリーンインストールはまだ試していないので、どちらがお勧めかは不明。)

ThinkVantage 系のソフトは一通り動作しているようです。

  • 指紋認証
  • ホットキー
  • 省電力ユーティリティ、省電力ドライバ
  • ・・・などなど。

※管理人は Access Connection は使っていません。


X200s Windows 7Beta 2

X200s Windows 7Beta 3



i1Display2で作成したカラープロファイルも動いています。Vista ではサスペンドから復帰するとカラープロファイルが適用されないという問題がありましたが、Windows 7 では問題ないようです。

Quick起動に設定していたものは受け継がれず。スクリーンショットのタスクバーにある FireFox ,Jane Style,PhotoShop CS4はアップグレードインストール後に管理人が設定したものです。

SideBarはなくなっていますが、ガジェットは表示されてますね。いらないんだけどなぁ。

問題はないんですか?


NGだったのは Daemon Tools。動きません。
それから PhotoShop CS4(体験版)で範囲選択すると画面が乱れます。


Daemon Tools は NG


メモリを960MBもくっている。


Adobe 関係のソフトやら Office やら、ThinkVantage 系やらいろいろと入っているせいもあるとは思うんですが、起動状態で960MBは本来の姿ではないような気がします。クリーンインストールの Windows 7 ならもっとメモリを食わないような気がするのでクリーンインストールしてみます。

960MBもくっている






【関連する記事】
2009-01-10 Windows 7 Beta 1インストール前の FAQ
2008-12-21 i1Display 2 カラーマネージメントシステムを買ってみました。

comment



Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。