スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大搭載メモリ容量テスト、ThinkPad X200s 8GB認識

保守マニュアルを見ると X200s の最大搭載メモリは 4GB までなのかな?と思われますが、『チップセットは対応しているはずだし、同じチップセットを使っている W500 では、8GBまでCTOできていたのでたぶん問題ないでしょう。』

ということでやってみました。


純正4GBはサムソン製

メモリは W700ds についていた純正4GB メモリ x 2 を一時的に引っこ抜いて試しました。W700ds についてきた4GB 純正メモリはサムソン製でした。

メモリは両面実装

もちろん、両面実装。裏面はこんな感じです。


X200s に4GBメモリを2個装着

ThinkPad X200s に装着してみたところ。W500やTシリーズと違ってパームレストを外す必要がなく、メモリ交換・増設は簡単。底のカバーを開けるだけでメモリスロットにアクセスできます。作業時間は3分もあれば大丈夫でしょう。


ThinkPad X200s 8GB認識


予想通り、あっさり認識。でも、管理人は X200s を 32bit OSで使っているのでOSから認識されるのは3ギガバイト程度。8GBのウチのこりは4.93GBのRAMDISKになってます。

2時間ほど動作チェックして W700dsに戻しました。^^;

comment



No title

どうもです。
やっぱり4GB×2、使えるようですね。
たしか後藤さんのメモリ記事によるとサムスンのプロセスルールは56nm、Hynixが54nmみたいですからそこそこ省電力っぽいのも大きいかんじです?

エルピーダやマイクロンの移行が年末っぽいのが気になりますが

No title

ども、こんにちは。

この後藤氏の記事、見逃してました。

o-rz.netさんも 4GBメモリ発注されたらしいので、やっぱりサムソンなのか別メーカーなのかちょっと期待してます。

http://www.o-rz.net/index.php?itemid=561

安くなりましたね。
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。