スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 年 夏モデル HP Mini 1000 をレビュー

すでにゴージャス仕様の WXGA の HP 2140 を散々、触ってしまったあとで、価格がほぼ半分で液晶解像度も低い、この製品を触るとどんな印象になるのだろうか?

HP mini 1000


スペック的には一般的なネットブックで、42,800円とリーズナブルなわりには打ちやすいキーボードが付いてきます。デザインは金属製の『弁当箱』っぽい 2140 よりこちらの方が量販店で並べて売るにはよいのかもしれません。前モデルではいろいろとバリエーションがあったようですね。(→とりあえず、とくみつさんのところ


前回レビューした HP Mini 2140は HP初期のネットブックである 2133といろいろなコンポーネントを共有しているため設計が古いところがあります。HP Mini 1000はボディーの設計など新しい分、2140よりも良くなっている部分があります。そういったわけで見るべきところはそれなりにありそうです。


ボディーの形は 2140(2133)に非常によく似ていますが、まったく同じ構造ではないようです。プラスティック製となり、Express Card 54 スロットは省略。その分ボディーは薄く軽くなっています。

液晶は 2140 とおなじく縁までツライチに処理されたグレア液晶です。

HDDは4200回転の1.8インチ。

CPUはAtom N270(1.60GHz)。メモリは1GB。USBポートは左右に1個づつ。計2個。
SDカードスロット装備(ダミーカード式)

ポインティングデバイスはタッチパッド
搭載OSはWindows XP
WLANは54Mbps の IEEE 11g、Webカメラ、Bluetoothつき。

本体 正面から 本体 後ろから
正面から。左側に電源スイッチ、右側にワイアレスLANのスイッチ 後ろから。後ろ側に何もないのは2140と同じ。ただし、2140のようにバッテリーではなく、スピーカーになっている。
本体 向かって左から 本体 向かって右から
向かって左から。電源端子、USB、通気口、ヘッドフォン端子、ゴムカバーの中にネットワーク端子がある。 向かって右から。SDカードスロット(ダミーカード式)とUSBコネクタ

VGAコネクタは無くなっています。外部ディスプレイをつなぐ場合は、拡張ポートから変換コネクタを使って接続するようですが、この変換コネクタはついてきませんでした。

ボディーはプラ製ですが、しっかりしています。2133の後継である2140よりも、1000の方がボディーの設計が新しいからか、手に持った感じは良好。バッテリがボディーの真ん中に移動したので重量バランスが良くなったのかも。
キータッチも管理人はこちらのほうが好み。Mini 2140 と比べても問題ありません。

ボディー

プラ製でちょっとかわいい感じ。天板の処理はなんだか微妙。IdeaPad S10-2に通じるものがありますが、はやっているんでしょうか?製造は中国のようです。

HP Mini 1000 天板 箱をみるとどうやら中国製

HP Mini 1000 ギャラリー3 HP Mini 1000 ギャラリー1
HP Mini 1000 ギャラリー2 HP Mini 1000 ギャラリー4

ACアダプタ接続部分 HP Mini 2140 電源コネクタ
電源コネクタはL字型になっていて邪魔になりにくい。 2140では、電源コネクタはまっすぐでちょっと邪魔かな。


10.1インチ 液晶ディスプレイ


1024x576 ドット。IdeaPad S10e でも思いましたが、やはりつらいです。42,800円では、こうなってしまうんでしょう。アプリは全画面モードえるものを選んで使っています。ディスプレイの映り込みはやはり多め。管理人は 2140 でだいぶ慣れてしまいましたが、やはり気になります。リフレッシュレートは 60hz


HP Mini 1000の液晶映り具合
液晶はごく普通。発色は2140のWXGAに負けていると思います。
液晶よこから 液晶上から

液晶映り込み具合 mini 1000 の場合 液晶映り込み 2140の場合
液晶画面への映り込みは2140と同じく多め。 こちらがHP Mini 2140。


液晶はここまで開く HP Mini 1000 BIOS
基本構造は HP2140(2133)に非常に近く液晶の展開する角度も同じくらい。 2140と違って、BIOS の選択肢に日本語は無いようです。

重量


2140より若干軽いようです。こちらの方がもちやすいですね。

本体重量
本体は、895g。SDカードスロットのダミーカバー込み。プラスティック製であること、ExpressCardスロットがないことなどで若干軽い。

バッテリ重量 ACアダプタ重量 電源ケーブル重量
バッテリは 172g。3セル ACアダプタは小型化されて 147g。 電源コードはやはり太く、166gと重いもの。


キーボード


2140のレビューでも触れましたが、この大きさの日本語キーボードで変則幅キーがほとんどないのは立派。
おろらく 2140 で相当慣れてしまった管理人。だいぶ打てるようになりました。でもやはり、各キーの間に隙間を設けてほしいですね。キータッチはこちらの方が好み。

HP mini 1000 キーボード
キーボード。見た目は2140とほとんど同じ。

CAPS インジケータ キーボード カーソルキー
CAPS Lock インジケータ。デザインは違うけど場所はほぼ同じ。 カーソルキー周りはすっきり。

ちなみに 昨日知ったのですが、HP は英語キーボードを通信販売で売ってくれるようです。受注生産扱いのようですが。→ オーダーセンター トップ > パーツ販売 > ノートPC HP サービスオーダーセンター


今回はやっていませんけど、SSD化、ハードディスク換装、英語キーボード換装、どれも簡単そうです。
バッテリを外したところ
バッテリーは本体中央に埋め込むタイプ。バッテリを外してさらにプレートを外すと内蔵HDDにアクセスできる。


この構造で大容量バッテリはどうするのかと思ったら、

6bty_mini1000_02_20090627122856.gif 6bty_mini1000_b_20090627122856.jpg

ふうん。なるほど。

タッチパッド

2140とほぼ同じ大きさですが、やはり設計が新しいのか、こちらの方がスクロールなどスムースです。ボタンをクリックした感じもかなりよくなっています。タッチパッドのON/OFFボタンは、オンで白、オフでオレンジに点灯します。

タッチパッドオン タッチパッドオフ
縦の幅が若干大きくなり操作感が良くなったタッチパッド。こちらは、タッチパッドがオンの状態。デフォルトはもちろんこちら。 インジケータスイッチを押すとタッチパッドがオフになる。

レスポンス


SSDモデルではないし、メモリも半分の1GBですが、ブラウザ主体の用途なら特に不満なし。最近の管理人は VAIO Type P になれているので、この辺の評価は以前よりだいぶ甘めになっているかもしれません。

ファンノイズ、騒音は?


ハードディスクの音は気になりませんでした。

アイドリング状態でのファンノイズはほとんど気にならないレベル。しかし、使っているうちにだんだん大きくなってきます。静かなネットブックというのはないのでしょうか。Dell mini 10 では、パワー不足。このカテゴリとはちょっと価格差がありますが、X200s の CULV がそういう意味ではよいのかも。

ストレージ


内蔵ハードディスクは東芝製の 1.8インチ 80GB のものでした。MK8025GAL 4200回転?
XPなら大丈夫なんでしょう。

HDD CrystalDiskMark SD Card CristalDiskMark
4200回転の1.8インチ HDD。管理人が1.8インチのHDD使ったのはたぶん3年ぶり。大分早くなったかな。 SDカードスロット。アクセススピードはいたって普通。


総評


ポインティングデバイスが2140よりよくなっていたので、安心しました。プラスティック筺体ですが特に不満はありません。キータッチもよい感じ。4万円台という値段を考えると仕方がないのですが液晶の解像度がやはり足りないですね。



…で、2140と1000 両方使ってみて、どうなんですか?
ということになると思いますが、実は使ってみて印象が良かったのは 2140 よりも 1000 の方だったりします。
なんというか、こちらのほうがしっくりくるんですね。

基本設計が新しいおかげ。軽くなっているせいもあるでしょう。
手に持った感じとか、キーボードをタイプした感じはよくなっていると思います。タッチパッドの動きがスムーズってのはものすごくでかい。ディスプレイ以外は Mini 1000の方が管理人の好みに合っているようです。
mini 1000 のほうに WXGA 液晶と 80GB SSD ノッケてくれたらこっちの方がいいかも

ということで、やはり設計が新しいといろいろとよくなっているものなのだなぁということで・・・・、

HP Mini 5101


先日、USで発表された Mini 5101 なる新型が気になります。7月には発売されるようです。キーピッチも改善されていてよさそうです。LEDもたくさんついてHPっぽいっすね。今の Mini 1000 よりは高くなると思います。



【関連する記事】
2009-06-21 HP Mini 2140 1366×768 WXGA/SSDモデル レビュー
2009-06-22 HP Mini 2140 英語キーボード換装
2009-08-28 久しぶりのノングレア液晶機 - HP mini 110 をレビュー

comment



No title

リンクありがとうございます!

これまた詳細なレビューですね。 見習います。
HP Mini 1000は触ってみると結構良いんですよね。 とくに手に持ったときにしっくりくるサイズと形状でした。

天板の模様がもう少しシンプルになって、液晶が2140レベルだったら、衝動買いしてたかもしれません。 

そういう意味でMini 5101には期待しています。

Re: No title

ども、こんにちは。

新しいモデルなのでやっぱりよくなってましたねぇ。
液晶が 2140 レベルで、5101 発表前のタイミングなら、私も衝動買いしたかもしれません。

No title

すみません、もしよろしければ教えてください。
本日、店で、mini1000 NQ209PA-AAA HDD80Gをさわってきたのですが、解像度の設定を見ると、1600*1200まで設定できるようになってました。
もちろん表示できるのは1024*576までで、それ以上の範囲は、マウスポインタを動かすとそれにあわせて画面が右や下にずーっと動きます。
仮想モードというのか、TOSHIBAとかASUSと同じものです。
しかし、同じタイプのSSDモデルでは1024*576までの設定しかできませんでした。
なぜ、HDDタイプだけ設定できるのか店員複数人に聞いてもわかりませんでした。

HiGEOさんがお持ちのmini1000でも、同じように表示できるかご教示いただければ幸いです。

Re: No title

ども、こんにちは

やってみたところたしかに1024x576から変更できませんでした。

HP2140,1000ともに借り物でして、返送のためにこれから梱包します。

すみませんが、これ以上は検証できません。

No title

お手数おかけしました。ありがとうございます。
Secret

[PR] ヤフーオークション




trackback



本文中に言及リンクの無いトラックバックを受け付けない設定です。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。