スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X100e と Edge オフィシャルページオープン ※もちろんUS.

どうもまだフライングなのかコンテンツがそろっていないようです。サイトでみられるビデオはプレイボタンを押してもエラーになってしまい再生できません。。

ThinkPad X100e は AMD CPU。ThinkPad Edge は デュアルコア CPUを搭載。

両機種ともかなりたくさんの写真が載っています。キーボードの全体図が見られるし、前、後ろ、サイドがどのように処理されているのかがわかります。カラーバリーエーションは事前のリーク通りと思われますが、USではX100eのホワイトが用意されないとのことです。

両機種ともデザイン操作で薄く見せようと、かなりがんばっていますね。しかし、特にX100eの前面のえぐり方、無理矢理な感じがします。廉価機種なのにキーボードを防滴仕様にしているところは好感が持てるかも。


Introducing ThinkPad X100e - Lenovo US

まず、ThinkPad X100eから

ThinkPad X100e


この記事には続きがあります。

New Year New ThinkPad ディザー広告が始まる

レノボジャパンのサイトで新型ThinkPad ディザー広告がスタートしました。


Lenovo NEW YEAR, NEW ThinkPad (Lenovo Japan )


New Year New ThinkPad

キーボードをちょっと拡大してみてみましょう。
6列キーボード。アイソレーションキーボードっぽいですね。X100e Edge かな?
New ThinkPad X100e キーボード

バスのシートにして ThinkPad の頑丈さをアピール

ThinkPad はラフに扱えることはメーカーはかなりアピールしており、そのことはユーザーにもかなり浸透していると思います。通常モデルで米軍のラグドテストをクリアーしていることなど他社ではあまりないでしょう。

しかし、ドイツのレノボはまだまだアピールが足りないと考えているようで、こんな風にバスの座席を変えてしまったようです。

ドイツのThinkPad広告


写真を見ると市販の製品版そのままというわけにはいかなかったようで ThinkPadベースということなのでしょう。

このバスシートは実際に乗客が自由に使えるようになっており、Webブラウジングもできるようです。
もちろん座ってみることも自由。200Kgのドイツ人が座っても大丈夫らしく ThinkPadベースのバスシートはかなり丈夫であるようです。

いや、耐えられると思いますけど、座り心地はどうなんでしょうか。堅いし、ごつごつしているし。

…あぁ、近頃のたわむキーボードなら座り心地も多少はよいのかな。(ボソ)

via Lenovo “Folding seats” (directdaily)

動画:内藤在正氏 ロンドンにて ThinkPadについて語る

Lenovo's ThinkPad doyen Arimasa Naitoh speaks about life, liberty and the T400s - Engadget News

内容は20分以上にわたるもので

Start - ThinkPad 開発の歴史
04:11 - 現在のThinkPad。,16:9 ディスプレイがスタンダードになりつつある
06:15 - ThinkPad T400s 開発へのチャレンジ
13:24 - 振動と誇りに対するテスト.
16:19 - フクロウのはねファンについて説明
17:46 - Lenovo's Windows 7 Enhanced Experienceについて。
18:55 - X200 Tablet's デジタイザとタッチスクリーンのコンボ

とのことです。

ロンドンでのプレゼンとういうことで英語です・・・。
逆光で撮影されていますんで、内藤さんの顔などはよく見えませんねぇ。

レノボからスマートブックが登場 ※もちろんUS

Qualcomm shows Lenovo smartbook

Qualcomm が レノボ製スマートブックを発表。これはAT&Tの回線で使えるようです。Snapdragon チップセット(ARMベース)搭載でネットブックとスマートフォンの中間の大きさのようです。2010年のCESで一般にお目見えする模様。

レノボのスマートブックは大きなバッテリを搭載しており、非常に駆動時間が長いものだそうです。Snapdragon はHTC HD2 や Sony Ericsson Xperia X10 など最近のスマートフォンに広く採用されているチップセットです。

Electronista(Lenovo making smartbook for AT&T) に掲載された写真。

レノボ製 スマートブック



liliputing(Qualcomm to introduce first Snapdragon powered smartbook today)
に掲載されたSmartbook のコンセプトモデル(レノボ製ではないはず)の写真

スマートブック コンセプト



いったいいくらで出てくるならこの手のデバイスが売れるんだろう・・・。
日本の量販店なら Windows 7 搭載のVAIO X(WWAN付き)が7万円弱、ポイント入れたら6万程度で買えますから。

そんなことより、今日注目すべき話題はこっちだったかも? →IntelとAMDが和解。IntelはAMDに12億5千万ドルを支払い
インテルはNVidia とも和解してほしい。MacBook に乗っけているチップセットを乗せた ThinkPad を出してほしいですよ。

Fn Ctrl キー入れ替えは現行機種には入らない

Yamato Thinking より Fn/Ctrlキー入替モード:続報


現状、計画されている製品は10点以上で、将来のすべてのThinkPadに実装予定です。現行製品のBIOS Updateのご希望や、いただいたたくさんのアイデア(FnとCtrlのKeyキャップを交換など)を実現できなかったことは残念ですが、今後の参考とさせていただきます。ご了承願います。


現行機種に適用されないことがさりげなく書かれています。(これから出てくる機種の数も…)
多くの人にとっては、重要な機能ではないので、まぁ、いいかぁ。
他社のノートパソコンとちゃんぽんで使うときだけ困るんですよねぇ。

今日の Thinkなリンク - 大和事業所の開発者がEEを説明

Windows 7を搭載したレノボ「ThinkPad」が速い理由


PC Watch
「Windows 7 Lenovo Enhanced Experience」について、大和事業所で説明会を行なわれてようです。起動とシャットダウンそれぞれの速度比較、ThinkVantageソフトウェアの強化と新機能の解説、また、ラボの一部の公開が行われたようです。

EEはT400s(SSD搭載)で、起動時間、20秒、シャットダウン5秒を実現。XPの起動時間は40秒、Vista は 35秒ほどだったとのことですから、たいしたモンです。しかし、この話、ドライバ自体の修正も多いようなんでVista でも新バージョンのドライバをいれれば起動時間・シャットダウン高速化されるのでしょうか。

Intel製SSD「X25-M G2 160GB」の新ファームを軽く試す


AKIBA PC Hotline! Junk Blog
ThinkPad T400 AHCIモードにて X25-Mの新ファームをテストしています。本当に軽いテストで、 CrystalDiskmark のみですが。このテストを見る限り、Write スピードが上がっているようです。

また、ファームウェアの公開に併せて、SSD向けのツールソフト「Intel Solid-State Drive Toolbox」なるものが出てきているとのことです。

詳しいテスト結果は、博士課程大学院生の現実逃避日記さんをご覧になった方がよいかも。

Think ブランドのオールインワン デスクトップが出てくる?


TwitPic

教育市場向けに、来週出てくるようです。Design Matters で話題にしていたワイアレスキーボードはこのためだったのかな。

Think AllInOne

Thinkブランドなのにキーボードのエッジが丸く処理されていていますね。この辺も教育市場向けということで配慮されたんでしょうか。マウスも新型かな?。ディスプレイは20インチくらい?。

秋葉でThinkPadが触れるイベントが2点 - 本日まで。

レノボがリナカフェでイベント、独自のWin 7高速化技術をアピール
声優イベントも計画中?


AKIBA PC Hotline!

カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店で『レノボ・ジャパン Microsoft Windows 7 搭載PC Touch & Try イベント』を実施中。本日まで W700ds など割と一般の目に触れにくいマシンが展示されているようです。Windows7 Lenovo Enhanced Experience(EE)のデモなどが見られるようです。ところでX200s はEE対象外なのはなぜ?。X200s はいらない子?。セレロンモデルがあるから文書には対象とかけないのでしょうかね。

UQ WiMAX タッチ&トライ・イベントを秋葉原にて開催


せうの日記
こちらも、本日まで。秋葉原駅で UQ WiMAXイベント実施中。T400s が触れるそうです。せうさんのところにあがっている写真を見るとデモ機は英語キーボードなんですねぇ。

T400s キーボード、思いっきり押して見ましょ。あぁ、上のW700dsも。こちらは主に左側を押して見た方が、キーボードに関してはよくわかるでしょう。W700dsはちょろっと持ち上げてみると良いかも。中身ががらんどうな感じ、たぶん持ち上げてみればわかるはずです。

レノボCTOで Windows 7 が中途半端にしか選べない

無事に発売されて、各地で盛り上がりを見せている Windows 7。パッケージ版も普通に買えるようになったわけですが、なぜか、あんまり盛り上がっていないメーカーもあるんだなぁ。

なぜか、レノボのCTOのX200sでは、中途半端にしか選らべないんですよね。一部のパッケージで一部のエディションが選べる状態。

せっかくのWindows7 Lenovo Enhanced Experienceなのに…。

X200s ハイパフォーマンスパッケージ


X200s ハイパフォーマンスパッケージ
Windows 7 選べないの?

X200s デュアルコアプロセッサー・4GBメモリー・大容量HDD搭載の特別パッケージ


X200sデュアルコアプロセッサー・4GBメモリー・大容量HDD搭載の特別パッケージ
なぜ X64のProfessional のみ?

ロードマップ通り ThinkPad SL410/510が登場

以前流出したロードマップでは SLシリーズから x10 型番に置き換わっていくことが明示されていましたが、そのとおり ThinkPadSLシリーズの後継機 SL410の写真がまずでてきました。一次ソースは 中国の掲示板→THINKBBS.ZOL.COM.CN

x10型番ではSLシリーズのみがインテルの次世代ノート用CPUをまたず、2009年中にCore 2 Duo 搭載ででてくると書かれていましたが、この点もリーク通り。


ThinkPad SL410は 14インチで 1366x768 のLEDバックライト液晶ディスプレイ、2.53GhzのCore 2 Duo,ATI Mobility Radeon HD 4570、3GBのRAM、6セルのバッテリ、4つのUSBポートを備えており、(中国では)約$823で買えるようです。

ThinkPad SL410

サイトには従来の SL400 と比較した鮮明な写真がいくつかあがっています。

スピーカーの位置が変わり、モニターが16:9に変更されたせいか奥行きが小さくなっているようです。
どうやら、6列タイプキーボードは基本レイアウトは変更ないようですが、ThinkVantageボタンなどの位置は変わったようです。タッチパッドはT400sライクなドットがプリントされたタイプに変更。

追記:
レノボ・チャイナで販売開始→レノボ・チャイナ SLシリーズ販売ページ

Lenovo Enhanced Experience for Windows 7 ってなんですか?

一次ソースは Lenovo.com のニュースリリース(Lenovo Debuts Enhanced Experience for Windows 7)
そして .Inside the Box の記事(Lenovo + Windows 7 = Speed)


Windows 7 PCの高速起動とシャットダウン


レノボは信じられないくらい高速にWindows 7 を boot させるとのことです。

Boot Time Comparision


図は .Inside the box から。
このグラフタイムスケールの単位が書いてないんで、いまいちはっきりとしないのですね。まだ開発中で正確な時間を載せたくないようなんですね。

マイクロソフトの開発チームとの共同作業の成果であるようです。リリースによると56%高速であるとのこと。

Enhanced Experience for Windows 7の他の要素としては、マルチタッチスクリーン機能やRescue and Recovery 、ハードウェアによるセキュリティー処理、スワイプデータなどとといったすでにおなじみの機能も上がっているようです。

T400s Touch 関連を動画で

ThinkPad T400s Touch 2米国で発表された ThinkPad T400s Touch。動画で見てみるとなかなか良くできているようです。$400アップの液晶、高いのはダテではなくノーマルモデルより視野角は良いんじゃなかろうか?

動画は3点
レノボ公式ブログ、c-net,n-trig から。3番目に貼った n-trig のものがおすすめかも。
n-trig はタブレットPC,タッチPC用デバイスの会社のようで、T400s には、この会社の技術が使われているそうです。参考:N-trig japan


この記事には続きがあります。

※もちろんUS ThinkPad T400s Touchが登場

ThinkPad T400s Touch 3Windows 7 が出てきたらマルチタッチスクリーンを備えたPCを出すつもりだとの話は以前からありました(→レノボのアナリスト、将来のネットブック構想を語る)が、とうとう出てきました。

タッチスクリーン装備の T400s が発表されたそうで、海外サイトにもうレビューが掲載されています。

この記事には続きがあります。

Lenovoがスマートブックを近日中に発表?

最近取りこぼしていた関連をまとめて。

Lenovoがスマートブックを近日中に発表か、高性能プロセッサ「Tegra」を搭載


Gigazine

一次ソースは digitimes。USではけっこう話題になっているようなんですが日本語ソースは Gigazine くらいかと。OSにAndroid を搭載し、NIVIDIA Tegra プロセッサを搭載するとのことです。

管理人は、なんとも Android にあんまりよい印象がなかったりします。それは、これまで、Android がなめらかに動いているところを実際にみていなかったため。

しかし、NVIDIA 曰く、tegra は相当すごいものであるということです。

この記事には続きがあります。

今日の Thinkなリンク - レノボの偉い人とブロガーミーティング開催

レノボのえらぁーい人と日本のブロガーでお話しする会。
26日、フラン・オーサリバン 氏(Frances K. O'SULLIVAN) とお話しする会があったようです。この方は IBM 時代から ThinkPad の開発に関しては、かなぁり偉い人だったはず。

・・・管理人?
仕事の都合でいけませんでした。マスコミ同席ってきいていましたけれど、どこかの大手メディアにあがってるんでしょうか?

ThinkPad に関してはブロガーミーティングって形にしちゃうと濃いイベントは人数があんまり集まらないと思うんで、もうちょっと広くやった方がいいじゃないかなぁ。濃い人がたくさん集まっちゃうと1時間じゃすまないと思いますけどね。

ThinkPad製品開発の責任者と会ってきた(パソコンのお仕事)
ThinkPad blogger Meeting in TOKYO |にっき (n-yoshi@lares)


話は変わって、シャープから NetWalker なるデバイスが出てきましたが、このデバイスに全く興味がわかなくて、どの辺でそうなっちゃうのかなぁと考えているところです。

なんだか、今更感が…。

iPhone で衝撃を受けすぎたのか、Zaurus や X68000 でシャープに期待しちゃいけないと思った性なのか、Linux に興味がなくなった性なのか、うぅーん。

今日の Thinkなリンク IdeaPad S12 IONに遅れ。X200s WXGA+が消える

IdeaPad S12 NVIDIA IONに遅れ。Windows 7の後になりそう

Slash Gear

先日、日本で発表された際にもただ『検討中』とアナウンスされ、具体的な話が出なかった NVIDA ION 版 IdeaPad S12。どうやら投入が遅れるようです。


10月下旬に登場するとみられており、10月22日の Windows 7 より後になるようです。ION版は通常版(Intel版)と比べて 50ドルほど高くなるとのこと。


また、LAPTOPMAG(Lenovo Holds Off On Ion Until Windows 7... And So Does Samsung)によると、サムソンも同様に 12インチ ION ネットブックの投入を遅らせるようです。


各社が ION プラットフォームにこのような対応を行う明確な理由はアナウンスされていません。


しかし、インテルチップセットとNvidia IONでパフォーマンスの差が激しく、Windows Vista で使うとその違いがより大きく見えてしまう。このためインテルから圧力がかかったのではないか?、などと勘ぐられても仕方がないでしょう。



ThinkPad X200s のWXGA+ がレノボダイレクトから消える


オーダーしても時間がかかる状態だった WXGA+ 液晶がついに在庫切れ、選択できなくなってしまったようです。これはに日本のレノボだけではなくUSでも選択できないようです。


今週のクーポンが 13万円以上で3万円引き(ちょうど13万円なら23%引き)と妙に安いんです。決算期というのが大きな理由でしょう。しかし、人気商品の X200s で WXGA+ が選べないとなると、商品構成が弱くなってしまうのでこれも今週のクーポンが安い理由の一つではないかと思っています。


JPサイトの選択
日本のレノボダイレクト X200s カスタマイズページ。WXGAのみです。
→[PR] レノボダイレクト ThinkPad X200s 販売ページ


USサイトのディスプレイ選択
こちらはUSサイト。日本と同じくWXGAのみです。

決算期にこれはもったいない。


レノボ、新デバイスIdeaCentre D400 をTwitterで披露

IdeaCentre D400


NoteBooks.comで知りましたけれど、一次ソースは、Lenovo Press(インプレスがやっているあれじゃなくて、海外でレノボがやっているTwitterのアカウント)への数時間前の投稿。IdeaCentre D400なるなかなかよさげな Windows Home Serverが出てくるようです。

IdeaCentre D400

現在のところ、公開されているのはこの写真一枚のようです。
電源スイッチの大きさから推測すると比較的小型のデバイスなのであろうと思いますが、よくわかんないですね、これだけじゃ。

続報は、今週中に出てくるそうです。

Fn と CTRL キーの入れ替えを検討しているそうです。

Fn/Ctrlキー入替モード


Yamato Thinking

ThinkPad T400s では、これまでかたくなに守ってきたキーレイアウトの変更を行うなど、最近、キーボードに関しては柔軟な取り組んでいく姿勢をみせているレノボ。

なんと Design Matters などで行われた投票結果を踏まえて、『BIOS Setup Utilityでスワップを可能にする』ことになりそうとのことです。

管理人も、HP のmini ノート触ったときに BIOSで入れ替えられるといいよね。って書いたことはあります。→HP Mini 2140 1366×768 WXGA/SSDモデル レビュー
けれど、もう数年来、変わらなかったこのFn Ctrl のレイアウトが変更可能になるとは思いませんでした。

まだ、『このやり方になりそうですよ』という段階とのことですから、旧機種がどれくらいサポートされるのかわかりませんし、Fn キーのサイズが小さいままだとちょっと微妙だったりしますが、ユーザーが好きな設定で使えるように選択肢が増えるということは、大歓迎であります。

さらに、ブラウザーキーがあんまり好きではない管理人としては、ユーザー側でブラウザキーを外して、フタができるようにしてくれるとありがたいんですよねぇ。

管理人の T400s が 2営業日で発送されたそうです。

ThinkPad CTOモデルの納期の評判があんまりよろしくないレノボ。W700dsのときは1ヶ月くらいかかかりました。そんなわけで、今回もあんまり期待していなかったんですが、日曜日に頼んだ T400sの発送メールが先ほど届きました。

こんなに早く発送メールが届いたことは未だかつてありません。わずか2営業日で CTOモデルが出てくるなんて一体どうしちゃったのか。納期が改善されたのか、お盆に届くように急いでくれたのか、たまたまなのか、理由はわかりませんが、まぁ、驚いたこと。

WiMAXやらBDやらつけたんで遅くなるかと思っていたんですけどね。

いままでは、早いとここからが3日~4日、遅いと1週間くらいで家に着いていました。
(USのB&Hで買ったカメラのパーツが2日で家まで届くのにThinkPad は発送からのお届けまでの時間が長い理由がさっぱりわからんのです。)

この記事には続きがあります。

T400s 内蔵WiMAXアダプタが CTOオプションに現れる

そろそろ T400s 買おうかなと思って見つけたネタ。
レノボ・ダイレクトのThinkPad T400s CTOオプションに Intel WiFi Link 5150 が追加されていました。

→[PR] レノボダイレクト ThinkPad T400s

価格は 12,390円と少々お高め。WiMax 抜きの WiFi Link 5100 との価格差は 10,000 円程度。



T400s WiMAXオプション 12390円


ちなみに、USのレノボでは 5100 と 5150 の価格差は、たったの$10。


ThinkPad T400s WiFi 5150 USでの価格

日本では、WiMAX モデルのみアンテナ性能を高めたトップカバーに変更されるのでしょうか?

この記事には続きがあります。

Windows 7 RTM が Lenovo のOEM版でクラックされる

Windows 7 activation already cracked with Lenovo's OEM license key


Engadget.com

一次ソースは Softpedia。 

ライセンス認証不要なSLP版でやるってやつですね。いまんところ Ultimate のみらしいです。
アクティベーション関連、Vista と大してかわっとらんようなんで、どんどん出てくるでしょう。
一発目がレノボだったのは不幸でしたな。

T400s WiMAXモデル販売開始

7月発表とアナウンスされていた T400s WiMAX内蔵モデルが発表されました。→レノボジャパン・ニュースリリース

…が 12:55 現在、上記のページでリンクされている、T-シリーズのBTO ページではまだ選択できないようです。

また、T400s 以外もUSではWiMAX対応機を売っているので、WiMAX はいけるはずなんですが、他モデルに関するアナウンスはない模様。

追記:13:00
2ch Tスレッドの書き込みでしりましたが、BTOではない(企業向け?)モデルでWiMAXが搭載されたものも発表されています。→ThinkPad T400s 2808A12(PDF)

今日のThinkなリンク(2009-07-10)

Chrome OSのパートナー:Acer、Adobe、ASUS、Freescale、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instruments


TechCrunch Japan

先日発表された Google Chrome OSに関して、初期パートナーがFAQの中に書かれているそうです。
Lenovo がどのように採用するのかといった情報はまだなく、現在、IdeaPad S10シリーズに搭載している、QuickStart 代わりに採用するのか、Windows なしの製品をリリースするのか現時点では不明です。

Google announces OS! (Cloud computing gains an extra foothold)


.Roaring Mouse

ってことで、Lenovo 公式 BlogでVoteやっているんで、語りたい方は Vote したり、Comment したりできます。英語です・・・。



HP Mini 110ミニノートにCrystal HD動画再生アクセラレータ


Engadget 日本版

1366x768のネットブック欲しい病の管理人向けデバイスがまたひとつ。HP Mini 110ミニノート(日本では未発表)にCrystal HD動画再生アクセラレータと1366 x 768パネルがBTOオプションに加わったようです。キーボード変わってませんねぇ。

今日のThinkなリンク(2009-07-08)

Lenovo's Atom-based IdeaPad S12 starts shipping with handling


Engadget.com
IdeaPad S12 のブラックカラー、インテルチップセットモデルのみですが、米国で出荷開始の模様です。
バッテリーを外した展示機でちょっと持った感じを伝えてます。(USモデルじゃありませんけど)




この記事には続きがあります。

T400s 発表会動画

Youtube に共有できる形であがっていた動画、4点。

こちらのサイト(http://kamikura.com/)のオーナー様がアップされたものとのこと。感謝して見せていただきましょう。

ThinkPad T400s Technical Session Part 1




この記事には続きがあります。

プロフィール
スポンサー
最近の更新
リンク
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。